スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群馬県協会長杯決勝 アルテ高崎×tonan前橋

 今日は総選挙
 ということは投票が終わる20時からはTVは選挙特番一色になる。んなTV側の押し付け番組なぞ見たくはないわけでさっと遠征に出た。
 この日は日本サッカー的には天皇杯の代表が決まる重要な日。そこで、夜には近いところでJリーグをやっていて、その日のうちに帰れる群馬県の決勝に。決勝のカードは定番になる気配が満々のアルテ高崎とtonan前橋の対戦。


 アルテ高崎(4-4-2)
  GK33田中賢治
  DF18杉山琢也
     5小川裕史
    27増田清一
     6秋葉勇志
  MF 8川匂邦明
    10大谷昌司
    16岩間雄大
    23白山貴俊
    (→61分32森慶太)
  FW 9久保田圭一
    (→75分11田中翔太)
    13吉澤正悟
    (→65分24大越崇司)
  監督  後藤義一

 onan前橋(4-4-2)
  GK 1鏑木豪
  DF 4東田学
    17山本武則
     2柳澤宏太
    31渋谷知史
  MF22マルキーニョ
    (→46分16小仁所洋平)
    14山田智也
     6氏家英行
     8黄圭煥
  FW33ルイス・フェルナンド
    (→67分5森田真吾)
    23松永康司
    (→83分9関根秀輝)
  監督  菅原宏

アルテ高崎×tonan前橋 002.jpg アルテ高崎×tonan前橋 011.jpg
アルテ高崎×tonan前橋 008.jpg アルテ高崎×tonan前橋 014.jpg
 tonan前橋は関東リーグが二部制になる時にザスパ草津に入替戦で敗れて県リーグ落ち。昨秋、ようやく関東二部に復帰してきた。今年のリーグ戦では1試合を残して2位。次の試合に勝てば一部昇格が内定する。
 今トーナメントは準決勝から登場。準決勝では高校総体で優勝した前橋育英に2-0で勝利しての決勝進出。


 1分の前橋。右サイドを東田学が駆け上がり、クロスを入れる。ルイス・フェルナンドが頭で合わせるも枠の上。

 3分の高崎。右から杉山琢也がドリブル、DF2人を抜いてクロスを入れるが、山本武則がなんとかクリア。
 高崎は杉山琢也の突破を中心に仕掛け、杉山からどんどんクロスを入れてくるが、FWの2人があまり調子が良くなく、危険なところに入ってこれていなかった。

 前橋は後方からビルドアップし、中盤で氏家英行や山田智也がサイドへ散らして攻撃を作る。右からはマルキーニョのタメと東田学の上がりで、左は黄圭煥の突破が良く効いていた。
 26分、マルキーニョが右サイド深くからクロスを入れる。ルイス・フェルナンドがポストに入って後方へ戻す。氏家英行が詰めてシュートを打つが、枠を大きく越えていった。

 29分の前橋。左から黄圭煥が突破してクロスを入れる。中央では合わなかったが反対側のマルキーニョへピタリ。マルキーニョのシュートはGK田中賢治の正面に飛んだ。

 30分の高崎。杉山琢也が突破してから低いクロスを入れ、中央から久保田圭一がシュート。GKを抜けたが、東田学がカバーしてクリアした。

 ここまで結構流れの中から決定機を作っていたが、セットプレーで試合が動く。
 43分の高崎。白山貴俊がCKを入れるとど真ん中から大谷昌司が頭で合わせて先制点。さすがの鏑木豪もこれには立ち尽くすのみ。


 後半は高崎のペースで進む。前橋はマルキーニョを下げたことによってタメがなくなったように見えたが。

 後半半ばを過ぎると前橋が試合の主導権を握るようになるも、高崎の守備ブロックを崩すような攻めはなし。まあ、やや高崎が守備のラインを下げていて、危険な地域に入らせなければ、という守り方をしていたが。
 80分、山田智也が右に回して東田学へ。東田は中央に入れると森田真吾が合わせたが枠の上に。

 最後のほうは高崎がカウンターに徹して一気に決定機を作る。
 86分、田中賢治のパントキックが一気に前線に。大越崇司が抜け出してシュートを打つも枠を捉えられず。

 88分には田中翔太のパスを受けた森慶太がシュートするも鏑木豪がブロック。

 そのまま試合終了。最少得点差ながらも高崎が完勝と言える内容で会長杯を獲得、それと共に天皇杯本大会への出場を決めた。
アルテ高崎×tonan前橋 022.jpg


2009/08/30
平成21年度 第14回群馬県サッカー協会長杯サッカー大会決勝
会場:群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場(前橋市) 天候:曇一時小雨
試合開始:13時00分 試合形式:90分+延長20分+PK戦
主審:塚田健太 観衆:988人
アルテ高崎11-00onan前橋
0-0
43分:大谷昌司

なし

<得点>

<警告・退場>

なし

33分 前橋 東田学
72分 前橋 松永康司
89分 前橋 山田智也

 天皇杯の1回戦は9月20日(日)、13時から山梨県代表と。山梨県代表は9月6日に代表が決定し、決勝戦のカードはFC甲運(県1部)とヴァンフォーレ甲府ユースの対戦。
 ところで、この日は16時から隣の正田醤油スタジアム(敷島公園陸上競技場)でJ2リーグが行われる。そのカードがザスパ草津とヴァンフォーレ甲府
 この組み合わせ、謀ったとしか思えん…。
関連記事

テーマ : 天皇杯全日本選手権
ジャンル : スポーツ

tag : 天皇杯 群馬県 アルテ高崎 tonan前橋

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。