スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東大学リーグ一部第12節 中央大学×法政大学

 埼玉スタジアム第2グラウンドの関東大学リーグ、第二試合は中央大学と法政大学の対戦。いうなれば『オレンジダービー』だ。え、中央は金茶がカラーだって?金茶オレンジなのは大宮が認めたんだからしょうがないじゃないか(笑)。


 第83回関東大学サッカーリーグ一部 第12節

中央大学 1-0 法政大学
会場:埼玉スタジアム2○○2公園第2グラウンド
天候:晴
試合開始:13時50分
主審:甲山貴之
観衆:340人
<得点>
 中 法
 1-0 81分 中央 櫛引祐輔

<警告>
 16分 法政 板垣恵大
 83分 法政 上野恭平
<退場>
 なし
中央大
法政大
GK 1小野博信
DF16田港周平
   4山田佑介
   3新井辰也
   5佐藤秀行
  (→72分14渡部竜二)
MF17櫛引祐輔
   6永木亮太
  10村田翔
   8柴橋浩太
  (→64分31藤田一平)
FW18鈴木寛一
   9林容平
  (→66分28安柄俊)
GK 1若田和樹
DF 2上野恭平
   5堀越寛人
   4板垣恵大
   3浅田大樹
MF11永露大輔
  (→57分10阿部拓馬)
  14山岸純平
   7富井英司
  20小檜宏晃
  (→83分30川崎将也)
FW 8深山翔平
  (→75分28真野亮二)
   9深町伸太朗
システム:4-4-2システム:4-4-2
監督:佐藤健監督:照井博康
 前半からお互い攻めてはいるものの、崩しているところまでいけていない。なので有効なシュートはほとんどなかったり…。

 そんな中で決定機といえるのは…中央は29分、右サイドから鈴木寛一が突破し、シュート。GK若田和樹ががっちりキャッチしてスローしたが、それを佐藤秀行がカット。そのままドリブルしてシュート、若田がフェイシングで逃げてCKにしたもの。
 法政は34分に小檜宏晃がドリブルしているところで倒されてFKを得る。富井英司が直接狙うがポストを直撃、というもの。

 そんな時は大抵はセットプレーで決まるもので。
 81分の中央。右サイド深くに侵入した藤田一平が小檜宏晃に引っ張られて倒されFKを得る。村田翔がFKを入れると、選手の集中している外から櫛引祐輔がダイビングヘッド。若田和樹も触れたがゴールに吸いこまれ、中央が先制。

 先制された法政は攻めるも、決定的チャンスを作れず。

 そのまま試合終了。勝った中央は東海に引き分けた明治をかわして2位に浮上。逆に負けた法政は11位の東海が引き分けたために勝点で並ばれ、得点差でわずかに10位に残った。ちょっと苦しい状況になってきたか。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。