スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本ユース(U-18)選手権A組第1節 サンフレッチェ広島×大分トリニータ

 西が丘の第二試合は広島と大分のJユース同士の対戦。
 広島はプリンスリーグ中国で1位になってこの大会に進出。クラブユース選手権ではグループ2位も、勝ち点が足らずにグループリーグ敗退となった。
 大分はプリンスリーグ九州で2位になってこの大会へ進出。クラブユース選手権は柏、川崎に連敗し、早々に敗退決定。しかし、清水には勝ってきた。


  高円宮杯
 第20回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会
  グループA 第1日

サンフレッチェ
広島ユース

(中国第1代表)
 3-2 大分トリニータU-18
(九州第2代表)
会場:国立スポーツ科学センター西が丘サッカー場
天候:晴
試合開始:13時20分
主審:鶴岡泰樹
観衆:983人
<得点>
 広 分
 0-1 06分 大分 原伊吹
 0-2 06分 大分 藤田恭輔
 1-2 08分 広島 大崎淳矢(=PK)
 2-2 62分 広島 砂川優太郎
 3-2 72分 広島 中山雄登

<警告>
 08分 大分 刀根亮輔
 43分 大分 岩本智裕
 60分 大分 藤田恭輔
 85分 大分 松原健
<退場>
 なし
サンフレッチェ広島ユース
大分トリニータU-18
GK16田村昇大
DF17森保翔平
   2宗近慧
   4宮本徹
MF 5元田涼介
   7中山雄登
   8茶島雄介
   6浅田裕史
  (→61分22早瀬良平)
FW10大崎淳矢
  23井波靖奈
  (→72分12越智翔太)
  11砂川優太郎
  (→83分19川森有真)
GK 1濱川アーレン優也
DF21松原健
  13岩本智裕
  10刀根亮輔
  11片桐瑞貴
MF17原伊吹
  (→67分9渡辺哲哉)
   3藤田恭輔
  22田内廉
   8新井祐輝
  (→79分14後藤優介)
FW30森信太朗
   2横山卓郎
システム:3-4-3システム:4-4-2
監督:森山佳郎監督:村田一弘
 6分、広島の前線へのパスを原伊吹がカットしそのまま持ちこんで流し込む。森保翔平が追うも届かず、アレって感じで大分が先制。

 直後、広島のパスを横山卓郎がカット、出てくるGKをかわしたセンタリングを藤田恭輔が無人のゴールに流しこみ2点目。思わぬ展開での幕開けとなった。

 8分の広島。大崎淳矢がドリブル突破、刀根亮輔に引っかけられてPKを獲得。このPKを大崎自ら決めて1点差にする。

 ここからはどちらも攻め合う。目についたのは広島の大崎淳矢。スピードのある突破と常にDFのギャップを窺っているあたりは李忠成を彷彿。まあ、この方向性でさらに上を行くのが佐藤寿人なんだが…この3人を前線に並べたら相手にとっては凄くいやかも。

 1点リードはされているものの、広島優位かと思わせてハーフタイム。


 後半は広島が一気に攻勢。
 58分、大崎淳矢が中央をドリブル突破、DFに倒されてペナルティエリアわずか外でFKを獲得。中山有登が直接狙うも枠の上。

 62分、交代出場したばかりの早瀬良平が左サイドを抜け出す。飛び出して詰める濱川アーレン優也より速くシュート、ファーに抜けるところを砂川優太郎が詰めて広島が同点に追いつく。

 72分、大崎淳矢のドリブル突破でFKを獲得。58分と同じようなところだったが、今度は中山有登が直接放り込んで逆転。

 大分は逆転されたあとは運動量が止まってしまい攻撃もままならず。

 そのまま試合終了。広島が逆転で勝点3を奪っていった。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。