スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本ユース(U-18)選手権D組第2節 東福岡×流経大柏

 全日本ユース(U-18)は2日目。今日は秋津でグループDの2試合を観戦。ここは4つとも結構面白いからな…。


  高円宮杯
 第20回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会
  グループD 第2節

東福岡高校
(九州第1代表)
 3-1 流通経済大学付属
柏高校

(関東第6代表)
会場:習志野市秋津総合運動公園サッカー場
天候:晴
試合開始:11時00分
主審:志村功
観衆:754人
<得点>
 福 柏
 0-1 19分  流経大柏 グレイブス・ジョシュア
 1-1 21分  東福岡  深町健太
 2-1 26分  東福岡  深町健太
 3-1 45+3分 東福岡  深町健太

<警告>
 26分 流経大柏 馬場康平
 32分 東福岡  篠原弘次郎
 48分 流経大柏 秋山大樹
 75分 流経大柏 木下匠
 79分 流経大柏 石井雄輔
<退場>
 なし
東福岡高
流経大柏高
GK 1浪花皐太
DF 2鷹尾真平
   5篠原弘次郎
   3廣木将仁
  16福吉弘晃
MF 6豊永翔也
  24阿部寛樹
  (→46分17田中達也)
  11増田忠紘
   9深町健太
  (→87分19中尾優作)
  18松内徹
FW 4興梠雄亮

GK 1鈴木拓也
DF18大西将和
   4水木将人
   3内藤貴昭
  13馬場康平
MF26秋山大樹
  (→73分8木下匠)
   6富田湧也
  (→64分14八角大智)
  10吉田真紀人
   7福井快
FW11石井雄輔
   9グレイブス・ジョシュア
  (→46分20宮本拓弥)
システム:4-1-4-1システム:4-4-2
監督:森重潤也監督:本田裕一郎

01-東福岡×流経大柏 001.jpg 01-東福岡×流経大柏 010.jpg
 東福岡はメンバー表にはDF5人、MF5人、FW0で提出。実際は興梠雄亮が1トップとして立っていたが…。


 序盤は流経大柏がいい感じで攻めていた。
 15分にゴール前で福井快と吉田真紀人がパス交換、から右から上がった秋山大樹に。秋山のシュートは枠を捉えられず。
 19分、右から大きくサイドチェンジ。左サイドの福井快が中に入れると、グレイブス・ジョシュアがDFと競りながらシュート、きちっと当たってはいなかったが、右ポストを叩いてゴールイン。

 ところが流経大柏の守備は甘く、東福岡の1トップ&2シャドーに気をとられて両サイドを完全放置。中盤のサイドもスペースを埋めないものだから、阿部寛樹、森内徹のサイドが自由にプレーしていた。
 21分、阿部寛樹が右サイドを抜け出して折り返す。増田忠紘がさらに流すと、深町健太がフリー。深町は呉と着いて流し込み、あっさりと東福岡が同点に追いつく。

 26分、流経大柏陣内中央で東福岡のFK。松内徹が浮かして前に入れると、深町健太が前に出るGKより早くバックヘッド、ふわっと浮いてゴールに吸い込まれ、逆転に成功。

 流経大柏は失点してもサイドの穴を修正せず、サイドに引っ張られて危険なところで中央をフリーにする悪循環。
 45+3分。またも阿部寛樹に突破を許し折り返しを深町健太に決められ、3点目となるゴールを許した。
 深町はこれでハットトリック。


 後半の流経大柏は選手は代えるものの、これまで失点の原因になっていたサイドの穴を放置したまま。本田裕一郎監督の頭の中にはなにか考えがあるのだろうが…この程度は選手が考えて修正を施さなければいけない、とは思う。具体的に何をするか、といえば2列目のサイドがスペースを埋める、というごく当たり前のことだが。
 東福岡も2点差をつけた、相手は重大な穴を残している、ということで流し気味に。というかほぼ練習のような形になっていた。

 後半はスコアが動かず、決定機もそれほど作れず。これで東福岡は1勝1敗、流経大柏は2敗となった。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。