スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコアを遥かに越える差があり ~全国高校選手権準決勝 高川学園-藤枝東~

 準決勝の第二試合は山口県代表の高川学園と静岡県代表の藤枝東の対戦。

 高川学園はもともと多々良学園といったが、2005年に経営破綻、徳島で学習塾を経営している高川グループが買収し、2006年9月から現校名になった。学校名の変更とともにカラーも変わった。
 中山元気(札幌)、中原貴之(V仙台)、高松大樹(大分)とごつごつしたFWを多く輩出している。


 第86回全国高等学校サッカー選手権大会 準決勝

高川学園高校
(山口県代表)
 0-1 静岡県立藤枝東高校
(静岡県代表)
会場:国立霞ヶ丘競技場
天候:晴
試合開始:14時10分
試合形式:80分+PK戦
主審:飯田淳平
観衆:21,317人
<得点>
 高 藤
 0-1 11分 藤枝東 河井陽介

<警告>
 34分 高川学園 原田光
 49分 高川学園 小川純
 71分 藤枝東  河井陽介
<退場>
 なし
高川学園高
藤枝東高
GK 1洞ヶ瀬勇馬
DF 2元村渉大
   3藤永佳裕
   4小川純
  15有薗隼人
MF 7永野史也
   6村上創一
   (→68分14籾山健)
   8原田光
   (→50分23金城基樹)
FW10齋藤達也
   9益田拓己
  12吉武隼人
   (→56分11西本大輝)
GK17木村誠志
DF 2村松大輔
   3小関教平
   4鳥羽亮佑
MF 7藤田息吹
   5石神幸征
   6小林勇輝
   8平井大樹
   (→66分12中村龍一郎)
  10河井陽介
FW11松田純也
   9岡崎太一
   (→74分14稲葉英昭)

システム:4-1-2-3システム:3-4-1-2
監督:白井美津雄監督:服部康雄
 3トップの高川学園だったが、ちょっと腰が引けていた。『藤枝東』という名前が見えない壁になったか…。

 11分、藤枝東は左サイドから細かく速いパス回しをつないでゴール正面へ。ペナルティエリア近く、ゴール正面で松田純也がヒールでスペースを作り、空いたスペースが河井陽介が入り込みシュート、これが決まって先制する。
 その後も一方的に藤枝東が攻め、高川学園にチャンスを作らせず前半を終える。

 後半は高川学園が2トップに変更し、バランスを取れるようになるが、それでも藤枝東が攻める展開になる。というか、「まず失点しないことを優先、点は取れたらいいや」と言わんばかりのやり方。これに高川学園はまんまと嵌ってしまった。
 後半はスコアレスながらも藤枝東が圧倒的優位にあった。


 この結果、決勝は藤枝東と流経大柏の組み合わせとなった。8日後の14日(月・祝)の14時05分にキックオフされる。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。