スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学選手権準々決勝 駒澤大学×流通経済大学

 江戸川の大学選手権、第二試合は関東リーグ最終戦と同じカード。駒澤大学と流通経済大学の対戦となった。

 駒澤はこの大会3連覇中。今年はグループリーグで苦労した。天敵・東京学芸大に敗れるが、新潟経営大、静岡産業大を撃破。Eグループで2位となり、ワイルドカードの1位で決勝トーナメントに進出した。

 流経大もグループリーグでは苦労した。初戦の仙台大に引き分け、2戦目の愛媛大には圧勝。最終戦はグループリーグ2連勝の関西王者・大阪学院大だったが、4-1と粉砕し逆転で1位になり、決勝トーナメントに進出した。


 第56回全日本大学サッカー選手権大会準々決勝

駒澤大学
(E組2位/関東4位)
 2-1 流通経済大学
(B組1位/関東5位)
会場:江戸川区陸上競技場
天候:曇
試合開始:13時50分
試合形式:90分+延長20分+PK戦
主審:北村央春
観衆:800人
<得点>
 駒 流
 1-0 18分 駒澤 那倉夢人
 2-0 57分 駒澤 八角剛史(=PK)
 2-1 75分 流経 宮崎智彦

<警告>
 39分 駒澤 小野里銀児
 55分 駒澤 田谷高浩
 59分 流経 池田圭
 61分 駒澤 小野里銀児
 63分 流経 鎌田次郎
 86分 流経 楠瀬章仁
 87分 流経 鎌田次郎
<退場>
 61分 駒澤 小野里銀児(警告2枚)
 87分 流経 鎌田次郎(警告2枚)
駒澤大
流通経済大
GK 1山内達夫
DF 2小野里銀児
  25中山友規
   5伊藤龍
   3湯川貴嗣
MF 4菊地光将
   8田谷高浩
   6八角剛史
  11小林竜樹
FW 9高崎寛之
   (→80分19山崎健太)
   (→93+分30藤井貴弘)
  18那倉夢人
   (→65分13鈴木寿毅)
GK 1林彰洋
DF 3染谷悠太
   4飯田真輝
   2鎌田次郎
   6宮崎智彦
MF 8西弘則
  17三門雄太
   (→85分23武井択也)
  29ベロカル・フランク
  25佐藤高志
   (→46分7楠瀬章仁)
FW 9池田圭
   (→78分12田村洋平)
  19武藤雄樹
システム:4-1-3-2システム:4-4-2
監督:秋田浩一監督:中野雄二
 前半から速さと強さを前面に出した試合。こういうサッカーは本来駒澤の土俵なのだが、流経も対抗して(?)どんどん前に蹴ってしまう。だからといって大味なサッカーになったわけではない。

 最初に試合を動かしたのは駒澤。18分。右サイドでFKを得ると、八角剛史がさっと出す。田谷高浩が突破して中央の那倉夢人へ。トラップでDFをかわして蹴りこみ、先制ゴール。
 それはそれとして、那倉のコメントを読むと、秋田監督は来年以降はユニバ専念?と読めるのだが・・・。


 52分、駒澤は湯川貴嗣の縦パスを追った那倉が拾い、中へクロス。受けた高崎寛之がキープしたところで倒されてPKを獲得。これを八角剛史が決めてリードを広げる。

 しかし61分、駒澤は小野里銀児が2枚目の警告を受けて退場、10人になる。これで数的不利になった駒澤は那倉に代えて山崎寿毅を入れ、4バックを維持。

 それを見た流経は鎌田次郎を一列前に上げて攻撃に出る。楠瀬と西、さらに宮崎と武藤がサイドからガンガンクロスを中央に入れて来るが、駒澤も菊地がDFラインに近いところまで下がって守備、簡単には崩れない

 75分、流経は楠瀬が左からクロス、中で武藤、三門と立て続けにシュートするが防がれるも、こぼれ球を宮崎智彦がミドル、これで1点差になる。

 終盤、今度は飯田も上げて3トップにし、さらに猛攻を強める流経だが、87分に鎌田が2枚目の警告を受けて退場してしまう。
 それでも攻撃の勢いは止まらなかったが、最後まで入れ続けたクロスが合うことはなく、試合終了。


 駒澤がらしい勝負強さを見せて準決勝へ進出。準決勝は昨年の決勝と同じ早稲田となる。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。