スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学選手権準決勝 早稲田大学×駒澤大学

 大学選手権、通称インカレの準決勝。普段なら西が丘ということになるのだが、今年は駒沢、それも一番大きな陸上競技場で行われることになった。
 しかしこの駒沢陸上競技場、近隣施設の関係上、ナイター照明を置けない。そのため、通常より早い11時の試合開始になった。
 やっぱね、東京を横断する身としては平日に11時開始はきつい。攻めて11時半開始だったら・・・てフクアリで同じことやられたら東京西部の人は同じボヤキをするんでしょうな。


 で、大学選手権の準決勝、第一試合は早稲田大と駒澤大の対戦。奇しくも昨年の決勝と同じ顔合わせになった。ちなみにその時は駒澤が6-1で圧勝したが。
 しかし今季は早稲田がその借りを返している。前期は3-1、後期は5-1と圧勝。


 第56回全日本大学サッカー選手権大会準決勝

早稲田大学
(C組1位/関東2位)
 2-1 駒澤大学
(E組2位/関東4位)
会場:駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
天候:晴
試合開始:11時00分
試合形式:90分+延長20分+PK戦
主審:鍋島將起
観衆:800人
<得点>
 早 駒
 1-0 12分 早稲田 鈴木修人
 2-0 71分 早稲田 首藤豪
 2-1 73分 駒澤  中山友規

<警告>
 なし
<退場>
 なし
早稲田大
駒澤大
GK 1伊藤拓真
DF 2塗師亮
   4金守貴紀
   5横山知伸
   3藤森渉
MF13松本怜
  (→81分11島村毅)
  30中野遼太郎
  (→61分12松本征也)
   7鈴木修人
  10兵藤慎剛
FW14首藤豪
  (→89分23中川裕平)
   9渡邉千真
GK 1山内達夫
DF 7塚本泰史
  25中山友規
   5伊藤龍
  13鈴木寿毅
MF 4菊地光将
  19山崎健太
  (→76分15島田祐輝)
   6八角剛史
  11小林竜樹
  (→85分12三島康平)
FW 9高崎寛之
  30藤井貴弘
  (→56分18那倉夢人)
システム:4-4-2システム:4-1-3-2
監督:大榎克己監督:秋田浩一
 前半15分過ぎに到着。なので11分の鈴木修人のゴールは見ていない。が、得点が入った時のどよめきははっきりと聞こえてきた。

 その後はどちらもらしいスタイルで攻める。駒澤はいつものごとくハイボールからの競り合いの勝負。ヘッドの競り合いでは高崎が勝てていたものの、セカンドボールはほぼ早稲田に拾われていた。さらに高崎のポジション取りが悪く、オフサイドを取られることしばしば。

 その点で早稲田は渡邉千真の存在は大きい。来たボールを確実に足元に納めてチャンスを作る。例えが悪いが、早稲田のFWが島村毅と前田亮だったらまったく駒澤の乱ペースを食い止めることができなかったのではないか?


 前半は早稲田が圧倒的だったが、後半は駒澤にペースが傾きかけていた。

 しかし71分に早稲田は鈴木修人のクロスを渡邉千真が落とし、首藤豪がGK山内達夫の正面からゴールを決めた。

 駒澤も2点差を付けられてから本領発揮。74分、塚本泰史のCKを中山友規が頭で合わせ1点差に。

 駒澤に勢いがつくようになるが、思わぬところから横槍が。駒澤がやられてもなんでもないのに、兵藤や修人がちょっと接触するとすぐに笛。なんだそりゃ、と思って試合後に審判を確認すると・・・やっぱ鍋島か。

 最後の笛が鳴るまで駒澤が攻めたが、ゴールが遠かった…。


 これで早稲田がまず決勝戦へコマを進めた。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。