スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国高校選手権決勝 藤枝東×流通経済大学付属柏

 準決勝から一週間開いた決勝戦。一週間空いたせいかチケットが売れる売れる。前売りでメインスタンドのS席、SS席は全て完売、その他の自由席も13時、試合開始1時間前の段階で完売になってしまった。
 それでもどうにか(もちろん合法的に)券を手に入れて入場。アウェイ側ゴール裏に数人分の席が何箇所かあったのでその中の一箇所に入れた。

 試合前にラルフ鈴木の煽りの元、応援合戦をやらされていたが、流経大柏の選曲は『レッツゴー柏』。ここで『柏バカ一代』だったら盛大に盛り上がっただろうが・・・市立柏が怒るか?それとも工務店か??


 第86回全国高等学校サッカー選手権大会 決勝

静岡県立藤枝東高校
(静岡県代表)
 0-4 流通経済大学付属
柏高校

(千葉県代表)
会場:国立霞ヶ丘競技場
天候:曇
試合開始:14時08分
試合形式:90分+延長20分+PK戦
主審:松尾一
観衆:48,884人
<得点>
 藤 流
 0-1 06分 流経大柏 村瀬勇太
 0-2 48分 流経大柏 大前元紀
 0-3 62分 流経大柏 大前元紀
 0-4 71分 流経大柏 田口泰士

<警告>
 04分 藤枝東  鳥羽亮佑
 51分 流経大柏 中富翔太
 84分 藤枝東  稲葉英昭
<退場>
 なし
藤枝東高
流経大柏高
GK17木村誠志
DF 2村松大輔
   3小関教平
   4鳥羽亮佑
MF 5石神幸征
   6小林勇輝
   7藤田息吹
  10河井陽介
   8平井大樹
  (→52分12中村龍一郎)
FW 9岡崎太一
  (→66分14稲葉英昭)
  11松田純也

GK 1須藤亮太
DF 2中富翔太
  (→86分22野村隼人)
   3天野健太
   5秋山心
  16比嘉祐介
MF13名雪遼平
   6海老原慎吾
  (→70分11保戸田春彦)
   7中里崇宏
   8村瀬勇太
FW10大前元紀
  18上條宏晃
  (→70分20田口泰士)
システム:3-2-3-1システム:4-4-2
監督:服部康雄監督:本田裕一郎
 開始30秒、縦パスを受けた大前元紀がDF二人をあっさりかわしていく。これで流経大柏がリズムを作ってしまった。

 6分、流経大柏は藤枝東ゴール前で大前元紀が3人に囲まれながらもキープ、戻しのパスを出して、フリーの村瀬勇太が決めて先制する。

 7分、FKの跳ね返りを拾って前に入れると秋山心がヘッドで競り勝ち、中里崇宏がシュート。左へ外れていった。

 8分、大前のパスに上條宏晃がシュートするが上に外れる。上條は初戦の久御山戦で負傷、まだ治っていないようなのだが、強行出場してきた。

 最初の10分で圧倒的な戦闘能力の差を見せて先制点まで取ってしまった流経大柏がゲームを支配する。
 藤枝東は流経大柏のプレスと運動量に圧倒され、ついていくのに精一杯。時折攻撃するところまでいくが、単発で終わり、連動性を持った攻撃はできなかった。

 前半は流経大柏の1点リードで折り返し。しかし圧倒的に攻めながらチャンスを逃していただけにいやな予感があったのだが。

 
 しかしその悪寒はあっさり払拭された。48分(後半3分)、流経大柏は左の比嘉祐介から速いクロスが入る。上條宏晃がキープし、走ってくる大前を見てヒールで流す。受けた大前が右足でシュート、GKが弾いたこぼれ球を名雪遼平が拾ってクロス。ゴールを横切ったボールを大前が角度がないながらも左足でシュート、ニアを破ってゴールに突き刺さった。

 62分、流経大柏は比嘉祐介が長いドリブルを仕掛ける。ペナルティエリアの中でDFをかわし、GKの鼻先で中へ折り返す。走りこんだ上條がDFもろとも潰れて抜けるとフリーになった大前が難なく決めて3点目。

 これで余裕ができた流経大柏は藤枝東を完全に格下に見たボール回しを見せる。唯一の取り柄を失った藤枝東の戦闘能力は完全にもがれてしまった。
 まあ、これを強引に潰しにいかないところが高校生、というところなんだろうが。

 71分、流経大柏は大前がCK。村瀬が頭でスラし、交代で入ったばかりの田口泰士がファーサイドでフリーになると右足で鋭いシュートを突き刺して4点目。

 その後は単発になった藤枝東の攻撃を難なくかわした流経大柏が(あらゆる意味で)力の差を見せて選手権初優勝、秋の全日本ユースと合わせて二冠を奪取した。

 さらに2点を取った大前元紀は夏の高校総体、秋の全日本ユースと合わせて3大会で得点王、ある意味完全制覇だ。



 流経大柏と藤枝東の差を考えてみる。
 選手個々のポテンシャルは同じ、いや藤枝東のほうがやや上かもしれない。しかしこと戦闘能力においては流経大柏のほうが遥かに上だった、としか言いようがない。
 藤枝東が強豪といっても、対戦した相手は東海地方、総体にでているので全国も含むか、の高校生だけ。逆に流経大柏は流経大と常時試合をしている(時にはリクエストマッチもあったかも)し、天皇杯予選ではジェフリザーブズともガチンコ勝負をやっている。そうしているうちに自然といろいろな形に対応できるようになっていったのかもしれない。


 ・・・さて、今年度の夏の高校総体は市立船橋が制しているので、高校タイトルは全て千葉県勢がもっていったことになる。となると、つくづくJユースカップの柏レイソルの準優勝が惜しまれるなぁ…(苦笑)。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

そういや

19日の朝10時から市立柏高校で高校新人戦やるらしいんだわ

んで、16時から日立台でユースの新人戦



エンクロ行くよか金かからんでえ

イチカシまで遠くても柏駅でチャリ借りればいいだけだし
ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。