スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただゴールだけが足りなかった ~プリンスリーグ二部千葉県代表決定戦 ジェフ千葉-柏レイソル~

 JFAプリンスリーグU-18関東は今季から二部制となる。昨年の成績で1位から12位までのチームは今季は一部に所属し、13位から16位までは二部に所属する。そして二部にはさらに各都県から1チームずつが昇格することになっており、17日の日曜日までに千葉以外の7都県は全て決定した。
  茨城 :鹿島アントラーズユース
  栃木 :矢板中央高校
  群馬 :桐生第一高校
  埼玉 :正智深谷高校
  東京 :成立学園高校
  神奈川:日本大学高校
  山梨 :ヴァンフォーレ甲府ユース


そして天候の影響ではあったが最後に千葉が残った。柏レイソルとジェフ千葉のJリーグユースチーム同士の対戦になる。今年はクラブの新人戦でも対戦しているが、柏がBチーム(現中3を中心としたメンバー)ということもあって参考にならない。(ちなみに4-0で千葉の勝利)


 さて、秋津へは5時30分過ぎに到着。この時点で約100人が来ていた。その後も増え続け、最終的には250人を超えるくらい。ていうか、去年もこの位はいたけどね(笑)
 秋津をあまり使わない柏サポ、太鼓を持ってきていたが、試合開始前に第4審からダメ出しくらってた(笑)


 平成20年度 JFAプリンスリーグU-18関東
  千葉県代表決定戦 決勝

ジェフユナイテッド
市原・千葉U-18

(千葉県一部A1位)
 1-1 
5PK4
柏レイソルU-18
(千葉県一部B1位)
PK戦
千葉10-○14-○7-○6-○4-止20-○
9-○6-○22-○8-止10-○2-止
会場:習志野市秋津運動公園サッカー場
天候:晴
試合開始:18時02分
試合形式:90分+PK戦
観衆:250人
<得点>
 千 柏
 1-0 16分 千葉 高橋悠馬
 1-1 73分 柏  工藤壮人(=PK)
<警告>
 17分 千葉 小井土翔
 27分 千葉 稲葉将
 72分 千葉 加藤龍平
 80分 柏  仙石廉
<退場>
なし
ジェフ千葉U-18
柏レイソルU-18
GK 1野寺和音
DF 2加藤龍平
   5稲葉将
   3中村渉太
   4砂森和也
MF 7平田直也
   6市瀬勇樹
  12沓掛勇太
   (→81分20市原秀篤)
  11岡庭和輝
FW14高橋悠馬
  10小井土翔
GK 1松下理貴
DF 2御牧考介
  12茨田陽生
  20島川俊郎
  22酒井宏樹
MF 8仙石廉
   6畑田真輝
  11山崎正登
FW13牧内慶太
   (→81分25指宿洋史)
   9工藤壮人
  10武富孝介
システム:4-4-2システム:4-1-2-3
監督:城福敬監督:吉田達磨
 千葉は高橋悠馬と小井土翔は逆かもしれない(確証はない)。しかし、Jユースカップで千葉SCに敗退した時に予告していたとおり、小井土翔を先発で、ベンチにも市原秀篤を用意していた。

 柏はほぼ固定のメンバーで試合に臨んだ。今季からトップ登録される酒井宏樹も鹿児島のキャンプから途中帰柏して左サイドバックで出場。ちなみにもう一人の比嘉厚平は1月のカタール遠征で足を負傷、当分の間リハビリ、ということになっているらしい。


 試合は昨年のJユースカップ準優勝のメンバーがほぼ残る柏が攻める展開で進む。中盤から小さい地域でパスをつないで行くが、いざゴール前に出た時に一人で抜けずにDFにつかまってしまい、シュートを打てず。

 16分、柏DFのミスパスを千葉の平田直也がカット、ドリブルで酒井宏樹のマークを振り切って中央へセンタリング。高橋悠馬がど真ん中から決めて先制した。
 酒井は平田への対応に苦慮。この場面でも引いてスペースを潰すか前に出て潰すか迷っていたし、別の場面ではボールを処理する際に後ろからさらわれそうになったし。その分、積極的に前に出てチャンスを作ってはいたが。

 その後も柏が攻めるが、決め手を欠く。43分には酒井がオーバーラップしてシュート、GKも破ったがポストに当たって跳ね返り、インフィールドへ戻ってしまった…。
 千葉1点リードで折り返し。


 後半も柏が攻める展開になるが、シュートが決まらずにスコアは動かないまま時間のみが進む。

 71分、柏は山崎正登のシュートがDFに当たって右にいた工藤壮人の下へ。工藤はDF二人を連れてドリブルでゴール前に侵入、加藤龍平に倒されてPKを獲得。このPKを工藤自ら決めて同点に追いつく。

 その後も柏が圧倒的に攻め込むが、ゴールできずに90分終了。大会規定により、延長に入らずにPK戦へ。

 PK戦は先攻が千葉。3人目まではどちらも全員成功、というか全員がGKの逆を突いた。
 4人目の千葉・市瀬勇太はGK松下理貴を嘲笑うチップキックを決め成功。柏・仙石廉は左に蹴ったが千葉GK野寺和音に止められた。
 5人目の千葉・砂森を松下が止め、柏の武富が決めてサドンデスの6人目に。
 6人目の千葉・市原秀篤は左上に決め、柏・御牧考介は野寺に止められて失敗。


 この結果、ジェフ千葉が2年ぶりにプリンスリーグへの復帰を決めた。柏はまたも県リーグでやり直しとなる。
 プリンスリーグ関東二部は上記した各県代表のほかに、継続して参戦する浦和東、前橋商業、鹿島学園、習志野を加えた12チームで4月に開幕する。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

どうやら

2ブロック6チームに分かれて

リーグ戦を行うようです。



詳しくはこちら→ http://www5f.biglobe.ne.jp/~jlinks/fct/2008/u18/pri_knt2.html" target="_blank">http://www5f.biglobe.ne.jp/~jlinks/fct/2008/u18/pri_knt2.html
ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。