スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パシフィックリーグ 千葉ロッテマリーンズ×オリックス・バファローズ 第1回戦

 起きたら(笑)雨が降っていて、結構強い雷も鳴っていた。これじゃ中止になるかな、と思っていたが、時間が経つにつれて雷が治まってきたのでマリンスタジアムへ向かうことに。

 開幕記念のフラッグをもらってから中に入ると、風景の変化にびっくり。一番先に目に入るのが弁当屋かよ!
 なのでMCP(マッチ・カード・プログラム)を探すのを諦めて上に。いつものバックネット後ろは雨のせいか満員。探すのも面倒なので、三塁側に寄ったところに陣取った。
 その後でMCP探したらやや一塁側に寄ったところ、キッズランドの前に売店があった。

 その間に開幕イベントは粛々と進行。国家独唱は石垣島出身のミヤギマモル氏。え~と、沖縄の人にとって『君が代』って感情的にさらっと流せるものなんでしょうか・・・。


 2008パシフィックリーグ公式戦

千葉ロッテ
マリーンズ
 9-6 オリックス・
バファローズ
 
バファローズ
マリーンズ
勝利投手:小林宏之(1勝1敗)
セーブ :荻野忠寛(2)
敗戦投手:中山慎也(0勝2敗)
会場:千葉マリンスタジアム
天候:小雨のち曇
試合開始:18時16分
試合時間:3時間20分
球審:林忠良
観衆:27,867人
<本塁打>
 2回 千葉 大松尚逸 1号 ソロ (投手:中山)
 2回 千葉 橋本将  1号 2ラン(投手:中山)
<勝利打点>
 千葉 大松尚逸(2回・右越本塁打)
<併殺>
 4回 オリックス 阿部-大引(打者:サブロー)
 7回 オリックス 阿部-大引-カブレラ(打者:大松)
オリックス・バファローズ
千葉ロッテマリーンズ
[中]52坂口智隆
(→8回表代打25迎祐一郎)
(→8回表代打24後藤光尊)
(→8回裏捕22前田大輔)
[二] 4阿部真宏
[指]10タフィ・ローズ
[一]42アレックス・カブレラ
[三]30グレッグ・ラロッカ
[左] 3村松有人
[右] 7濱中治
[捕]27日高剛
(→8回表代打中36下山真二)
[遊]10大引啓次
[遊] 7西岡剛
[中]44早川大輔
[一] 9福浦和也
[右] 3大村三郎
[二] 5堀幸一
(→7回裏二32根元俊一)
[左]10大松尚逸
[指]42フリオ・ズレータ
(→7回裏代走指25竹原直隆)
[三] 8今江敏晃
(→8回表三39田中雅彦)
[捕]33橋本将

●49中山慎也 (2回1/3)
 28小松聖  (2回1/3)
 20山本省吾 (2回1/3)
 48吉野誠  (1回)

○41小林宏之 (6回)
 49川崎雄介 (1回)
 30伊藤義弘 (  1/3)
H48高木晃次 (  1/3)
S 0荻野忠寛 (1回1/3)
監督:1テリー・コリンズ監督:2ボビー・バレンタイン
 2回、大松が0-3からのストレートを叩き、ライトスタンドへ持ってゆく。マリンスタジアム今季第1号となるソロホームランで先制。
さらに目下首位打者の今江が左中間を破る二塁打を打つと、橋本もライトスタンドへ放り込む2ランホームラン。左投手の中山が相手なのに先発で出た左の二人が大きな仕事をした。

 3回には一死後に福浦、サブローが連続四球で出塁。堀が右中間を深々と破るツーベースヒ、福浦が生還して1点追加。
 続く大松の当たりはショートのグラブを弾く内野安打、サブローがホームを踏んでさらに2点目。中山をKOした。

 4回には2番手の小松を攻め、先頭の橋本が四球を選んで出塁すると、西岡がセンター前に弾き返してつないでゆく。そして早川がレフト前に落ちるヒット、橋本が還ってさらに追加点。
 一死後、サブローの当たりはライト前へ抜ける当たり。しかしセカンド・阿部がダイビングキャッチ、西尾か戻れずダブルプレー・・・。

 5回は堀、ズレータのヒットから今江の併殺崩れの間に1点を取る。しかし、マリーンズ公式のズレータのヒットの表記が「2-2から押っつけた打球は、一二塁間を抜け、そのままレフト線際へ転がった!」。す、すげえワープだ…(笑)
 とにもかくにもこの時点で今季初の2桁安打。全体的に振りが鋭くなってきたのだろうか。

 7回は堀がヒットで出塁するも大松が併殺で二死。しかしズレータ、今江がヒットで出塁し、橋本がレフトオーバーのツーベースで2者が還って計9点。
 橋本はホームラン&タイムリーで4打点、試合に出続けているうちに感覚を取り戻してきたか?


 翻って投手陣。先発は小林宏之。3回に二死一塁から阿部に2-0からフォアボールで出したのが悪かったか、ローズにセンターオーバーを打たれ、2点を返される。

 6回にも二死から村松、濱中に連続ヒットを浴びて1失点。まあ、オリックスは調子のいい選手と明らかに調子の悪い選手がはっきりしているからねえ…。

 8回は伊藤がフォアボールと連打を浴びて2失点、高木も1失点。今年は薮田、藤田が抜けた分、ずっとこんなものだろうかね…。

 9回は荻野が締めて第1戦に勝利。


 しかし、千葉はともかく、オリックスは4番と5番を打ってる人は当分カモだろうな。この二人がバットに当たるとは思えない。その分怖いのはその後に控える村松なんだよな。
 もしかしてこの辺はコリンズは織り込み済みでこの打順にしているのか?


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。