スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1第7節 柏レイソル×東京ヴェルディ

 夢の島の終了後は柏へ向かう。とは言うものの強風の影響で京葉線と武蔵野線の直通が止まっていたので、東京から上野を回って柏へ出た。

 柏へ向かう途中から雨が降ってきたが、スタジアムに着く頃には小康状態に。ちょうど流れてきたのが“太陽に吠えろ”(南のテーマ)と“Monkey Magic”(加藤のテーマ)。
 ま、いつものとおりかな。さすがに(今さら)ミーティングに出るのは憚られるし(苦笑)。

 今日の“柏バカ一代”時にはダライ・ラマ14世が登場。どっちかというと、ダライ・ラマじゃなくてニシム・ラマのほうが似てるような気もするのだがそれは置いといて(謎)。時事ネタを持ってくるのは柏ゴール裏の得意技だからしょうがないもんなぁ。


 2008日本プロサッカーリーグ一部第7節

柏レイソル 5-1 東京ヴェルディ
会場:日立柏サッカー場
天候:曇
試合開始:19時02分
主審:奥谷彰男
観衆:8,525人
<得点>
 柏 V
 1-0 08分 柏   太田圭輔
 2-0 13分 柏   李忠成
 3-0 21分 柏   大谷秀和
 4-0 71分 柏   アレックス(=FK)
 4-1 79分 東京V 富澤清太郎
 5-1 83分 柏   太田圭輔

<警告>
 14分 東京V 富澤清太郎
 23分 東京V 和田拓三
 86分 東京V 富澤清太郎
<退場>
 86分 東京V 富澤清太郎(警告2枚)
柏レイソル
東京ヴェルディ
GK21南雄太
DF23藏川洋平
   5古賀正紘
  13小林祐三
   7大谷秀和
MF14太田圭輔
  (→90+2分26大島嵩弘)
   6アレックス
   2鎌田次郎
  22鈴木達也
FW11ポポ
  (→62分4石川直樹)
  20李忠成
  (→88分27大津祐樹)
GK 1土肥洋一
DF 4和田拓三
  (→77分福田健介)
   5那須大亮
  17土屋征夫
  22服部年宏
MF23福西崇史
  (→74分11大野敏隆)
  14富澤清太郎
   7レアンドロ
  10ディエゴ・ソウザ
  33河野広貴
  (→72分16飯尾一慶)
FW19船越優蔵
システム:4-4-2システム:4-2-3-1
監督:石崎信弘監督:柱谷哲二
 序盤は互角の出だし。柏も東京Vもサイド攻撃からチャンスを作っていった。
 7分にはレアンドロから河野へのサイドチェンジを出した時に出ようとした南が滑る、ってのがあって危なかったが、河野がコントロールをミスして難を逃れる。

 直後の8分、左サイドから放った李忠成のシュートが土肥に弾かれたところこぼれ球を太田が詰めて先制!
 さらに14分、太田のクロスを忠成が決めて2点目!!

 これで完全に柏がペースを掴み、21分にアレックス→李忠成→ポポ→アレックスとパスワークでつないでDFを崩し、最後は大谷が決めて3点目!!!

 完全に柏が乗って前半を折り返し。


 後半はレアンドロと河野のポジションを入れ替えた東京Vが攻勢に出る。61分にはディエゴのミドルシュートがバーを直撃した時にはびびったもんだが。

 しかし一つのミスから流れはまた柏に。71分、アレックスのFKが壁の上を越えてゴールに突き刺さる。洋一、全く動けず…って言うか、完全に軌道が見えてなかったな・・・(笑)

 79分、富澤が広島アジア大会の井原を彷彿とさせるロングシュートをぶち込んで1点返す。

 83分、アレックスが左サイドを抜けてクロス、達也が潰れて後ろから太田がドフリーで決めて5点目。
 さらに富澤が2枚目の警告を受けて退場、これではどうしようもないね。

 ロスタイムには大島を初出場させる余裕も。この時は大谷が石川に「(ボールを)出せ!」と言って大島の出場機会を作ってあげたらしいのだが…。


 久々ともいえる大勝。最後まで幸せな気分に包まれていた日立台だった。(ごく一部を除く)


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。