J2第20節 横浜FC×FC岐阜

 東海大から海老名へ。海老名から相鉄線に乗って横浜へ。で、三ツ沢へ向かう。

 約一年ぶりのFC岐阜の観戦になる。
 思えば、一昨年は関東在住のくせに(同レベルでの)全ての敗戦を見てて、入換戦の時に“疫病神”扱いされたこともあったっけ(笑)。


 2008日本プロサッカーリーグ二部第20節

横浜FC 0-1 FC岐阜
会場:横浜市三ツ沢公園ニッパツ三ツ沢球技場
天候:曇
試合開始:16時02分
主審:小川直仁
観衆:3,843人
<得点>
 横 岐
 0-1 68分 岐阜 菅和範

<警告>
 43分 横浜 早川知伸
 59分 横浜 太田宏介
 82分 岐阜 薮田光教
<退場>
 なし
横浜FC
FC岐阜
GK 1小山健二
DF 8中田洋介
   2早川知伸
   3八田康介
   6太田宏介
MF23八角剛史
  32山田卓也
  17三浦淳宏
  (→69分18小野智吉)
  13滝澤邦彦
FW14曹永哲
  (→71分16御給匠)
  19難波宏明
  (→72分20池元友樹)
GK21日野優
DF 5川島眞也
   4小峯隆幸
   3菊池完
   6奈須伸也
  (→52分27菅和範)
MF28佐藤聡
  (→80分18薮田光教)
   7北村隆二
  33梅田高志
  11高木和正
  10片桐淳至
  (→90+1分20小島宏美)
FW24片山真人
システム:4-1-3-2システム:4-2-3-1
監督:都並敏史監督:松永英機
 前半はどっちも動いてなかった。ここ数試合勝てていない影響なのか。
 横浜FCはボールキープこそするが、決定的だったのは10分にあった滝澤のクロスを山田卓也がヘッド、左ポストを直撃して跳ね返った1回くらいだったなぁ。

 とはいえFC岐阜はベンチの指示もあってか前半は…いや後半半ばまでは全く足が動いてなかった。さすがに連戦続きで疲労が溜まってるのかな?


 後半になっても横浜がキープする展開。しかし60分過ぎに横浜FCの足が止まると同時にFC岐阜の選手の足が動き出して、攻めに出だす。

 68分、片桐のCKがファーに抜けたところをフォローした菅が落ち着いて決めて岐阜が先制点。
 その後は焦ったように攻める横浜FCのウラを取ってカウンターを仕掛けていく。ゴールだけはできなかったが、上出来なカウンターではなかろうか。

 しかし、横浜FCの迷采配っぷりは恐ろしい。なんで失点直後に三浦淳宏、曹永哲、難波を次々代えていくかのぉ、危険なのをどんどん外していっただけじゃないか。
 まあ、三浦淳宏はふくらはぎに張りが出た、ということらしいのだが。


 しかし、横浜FCはほとんど何もできずに終わった、という印象に残る敗戦。これじゃホームのゴール裏が居残りモードに入るのも当然だわ…。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア