スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試合としてもイベントとしてもよし ~早慶定期戦~

 一度は見てみたいものとして“早慶戦”てのがある。基本的に平日にやっているため、いつもは観戦の対象から外していたのだが、今年は何とか都合をつけて見に行くことにした。

 雨模様だったこともあり、慶應側のメインの端っこ、屋根がぎりぎりあるところで見てたわけだ。なぜ慶應側だったか、というと・・・過去の記録を見てちょーだい(笑)。


 第59回早慶サッカー定期戦

慶應義塾体育会
ソッカー部
 4-2 早稲田大学
ア式蹴球部
会場:国立霞ヶ丘競技場
天候:曇時々小雨
試合開始:19時00分
主審:井上知大
観衆:9,514人
<得点>
 慶 早
 1-0 16分 慶應  田中奏一
 2-0 18分 慶應  巻大佑
 2-1 26分 早稲田 松本征也
 2-2 41分 早稲田 渡邉千真
 2-3 59分 早稲田 渡邉千真
 2-4 88分 早稲田 岩田啓祐

<警告>
 なし
<退場>
 なし
早稲田大
慶應義塾大
GK 1伊藤拓真
DF20野田明弘
  15小川諒
   5梅澤誠司
  (→74分13岡根直哉)
   4中川裕平
MF 7岩田啓祐
   2塗師亮
  (→22分11松本怜)
   6松本征也
  23菅田恭介
  (→91+分8中野遼太郎)
FW10渡邉千真
   9中川翔平
GK 1山本晃司
DF12田中奏一
   4三上佳貴
   3淺海友峰
   7竹田亮
MF 6織茂敦
  (→HT19風間荘志)
  28中町公祐
   8中川靖章
  15河井陽介
  (→69分17横川達郎)
  10巻大佑
FW11大河淳司

システム:4-4-2システム:4-2-3-1
監督:今井敏明監督:李宇瑛
 主審が井上知大、ということで驚いた。いいのか、こういう試合にあんなレフェリーで・・・て書いちゃいかんのだよな(苦笑)
 なお、その衝撃がでかすぎたか、第二副審が女子1級の高橋早織さんであったことには全く気づかなかった。不覚!(て何が)


 さて、試合。
 序盤はどちらも探りあい。毎年この場で対戦しているものの、普段はそう当たることもない関係だからだったのか。そのうち、慶應が今季の好調さをフルに出して押し込むようになる。

 16分、慶應は巻大佑がCKを入れると、後ろから田中奏一が頭で合わせて先制。早稲田のDFで田中の動きを誰も掴んでいなかったのはどうしたことか。

 18分、慶應は右サイド中盤でFK。中町公祐が長くクロスを入れると、巻がペナルティエリアの中で素晴らしいトラップからシュート、あっという間に2点をリードする。
 しかし早稲田のDFは・・・。

 早稲田は新監督の今井敏明の傾向か、個人でのアタックが中心でチームとして機能していない感がありあり。その最たるものが22分に主将である塗師亮をあっさりと下げたこと。確かに今季の塗師はほとんど試合に出ていないが・・・秋になったら久保田学と同じ状況になっているんじゃないかいな?(爆)→東京ヴェルディ特別指定

 26分に田中奏一の弱いパスを松本征也がカット、そのままドリブルでペナルティエリアに侵入、左斜めからシュートを放ってゴール、早稲田が1点差に追いつく。
 この失点を境に慶應は一転浮き足立ってしまう。
 GK山本晃司はポジションが下がりすぎて、DFラインと距離ができるようになる。さらにむやみに飛び出してDFと重なったり…かなり不安定だった。
 DF田中奏一はミスパスを境にこれまでの上下動が姿を消し、消極的になってしまった。
 そして慶應にとって一番痛かったのは、J2で66試合に出場している中町公祐が早慶戦独特の雰囲気に呑まれてしまったことか。前半はほとんど早稲田の攻撃の起点になっちゃったもんなあ。
 逆にほぼ唯一と言っていいほど淡々と仕事をしていたのが1年生の河井陽介。さすがに今年の正月に今日の4倍以上の観客、10倍以上の報道陣の前で大恥をかいただけのことはある(爆)。少々のことでは動じないようだ。

 浮き足立つ慶應を後目にいつもどおりのサッカーを展開した早稲田、41分に中川裕平のクロスを中川翔平がスルー、フリーの渡邉千真が落ち着いて決めて同点に追いつく。


 後半早々、慶應はビッグチャンス。巻のFKにファーで中町が合わせたが、伊藤が足でクリアー。

 59分、早稲田は岩田のCK。GK山本が弾いたボールを渡邉千真がシュート、DFに当たった跳ね返りを決めた。少ないチャンスを決めて遂にリード。

 その後はお互いに攻めあっていい勝負になるが、追加点を取ったのはそこまでにバーに2回当てていた早稲田。
 88分、スローインからの展開でファーに流れ、岩田啓祐がボレー気味に決めた。
 慶應はいいチャンスがあったが、シュートが全く枠に飛ばない。ホント、自動昇降格制度になってよかったね、としか言いようが無い…



 試合自体はよかったし、試合前後の応援団による両校の校歌(慶應は塾歌)の斉唱+エールの交換も儀式としてよかった。イベントとして楽しめたからよし、というところ。まあ、19時30分の試合開始にしてもいいとは思うけどね。


 さて、今度はどこの定期戦を見に行こうか・・・(爆)


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

次は

中筑戦?

日程は知らないけどw

中筑戦

29日に西が丘



今年は無料開催になった



参照:JFA理事会資料

早慶両校には応援団はいないです

早稲田大学応援部、慶應義塾應援指導部です。

ところで明治大学應援團は、リーダー部廃部で今年ちょっとつらい状態になってます。



>TTGjune90さん



>>中筑戦

>29日に西が丘

>今年は無料開催になった



それは良いニュースですね。ただし両校の応援団は来ませんが…。

補欠部員のくち三味線応援をお楽しみに。
ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。