スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1第17節 柏レイソル×大宮アルディージャ

 J1は折り返しの第17節、平日開催の二日目。柏へ向かい大宮との試合を見に行った。

 さすがに平日、しかもとあってチケットには余裕があったが、始まってみるとバックとゴール裏はかなりの埋まりよう。空席はMRとSDにあったくらいで結構入っていた。


 2008日本プロサッカーリーグ一部第17節

柏レイソル 1-0 大宮アルディージャ
会場:日立柏サッカー場
天候:曇
試合開始:19時04分
主審:穴沢努
観衆:7,474人
<得点>
 柏 宮
 1-0 78分 柏  フランサ

<警告>
 58分 大宮 村山祐介
 84分 柏  鎌田次郎
 85分 柏  アレックス
 86分 大宮 レアンドロ
<退場>
 なし
柏レイソル
大宮アルディージャ
GK33菅野孝憲
DF23藏川洋平
   3近藤直也
  13小林祐三
   7大谷秀和
MF 2鎌田次郎
  18山根巌
  14太田圭輔
  (→66分6アレックス)
  20李忠成
  (→77分22鈴木達也)
  11ポポ
  (→83分15菅沼実)
FW10フランサ
GK21江角浩司
DF19村山祐介
   5冨田大介
   3レアンドロ
   4波戸康広
MF 7佐伯直哉
  (→81分17橋本早十)
   6片岡洋介
  32小林慶行
   8小林大悟
FW 9吉原宏太
  (→61分16クレメン・ラフリッチ)
  11藤本主税
  (→73分23金澤慎)
システム:4-2-3-1システム:4-4-2
監督:石崎信弘監督:樋口靖洋
 大宮の選手配置ってさ…それぞれの前歴を知ってると「なんだそりゃ」なポジションをやっているのが多いな。
 片岡洋介のボランチに藤本主税のFW、交代出場だったが橋本早十の右MF。極めつけなのが右サイドバック村山祐介に左サイドバック波戸康広。本来逆だぜ(笑) 。
 ちなみに、柏側から波戸にブーイングがなかったのは意図してのこと。ブーイングして逆に燃えられたらたまらないものね、日立台だし。中澤聡太とは違うのよ(爆)。


 柏はフランサに頼りすぎな面が出てきた。フランサがよく動くものだから「近くに来たら預けよう」て心理が働いていたか。
 大宮も、というより樋口監督がそのあたりは心得ていて、フランサをゴールから遠くへ、遠くへ追いやるような守り方をしていた。
 
 前半、そして後半途中までは大宮の策が嵌っていたが、スコアは動かず。後半早々の吉原を筆頭にして大宮が決定的チャンスを逃し続けているのとは対照的に、柏が太田に代えてアレックスを入れて引っかき回し始めると、フランサのポジションがどんどん高くなりだし、柏のペースになってくる。

 78分、柏は入ったばかりの鈴木達也のドリブルからチャンスを作り、アレックスのパスを受けたフランサがGKの虚をつく緩いシュートで先制ゴール。
 これまでの柏は“DFを打ち破る”的に強いシュートをドカンドカン打ちまくっていたが、これだけは“ゴールは駆け引きだよ”と言わんばかりの緩シュート。

 失点後の大宮は定番になっている“巨大FW作戦”に起用されたラフリッチにボールを集めるが、柏DFの寄せに充分な体制を作れず。
 むしろラフリッチは交代当初に見せた、近藤にユニフォームを引っ張られるもものともせずに突き進むドリブル、のほうが持ち味ではなかろうか。
 しかしこの日のラフリッチのファインプレイは競り合いで激高したレアンドロを体を張って止めたことかな。


 最後の大宮の猛攻を凌ぎきった柏が勝利、これでJ1でのホーム100勝を達成した。そのうちの66勝を私は見ていた。
 また、リーグ戦での対大宮では14シーズンぶりの勝利となった。ちなみに14シーズン前の勝利とは・・・あの“川越”なんだよね…(苦笑)。
関連記事

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

tag : Jリーグ J1 柏レイソル 大宮アルディージャ

コメントの投稿

非公開コメント

その川越に

足を運んだ1人ですw

まぁ、あの頃は東京瓦斯に興味を持ち始めた

頃だったので、わざわざ単車を使って川越まで

出かけましたよ。

駐車場に並ぶ習志野ナンバーの車の群れが

印象に残りましたね。

後は柏支援者の乱入ぐらいかな。
ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。