スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北信越リーグ一部第12節 ツエーゲン金沢×松本山雅FC

 2000年以来、8年ぶりに金沢に来訪。
その時は北陸中日新聞の花火大会があったが、今回は北国新聞の花火大会(笑)。こんな時でもなければ金沢には来ないよなぁ……。

ではなくて
 サッカーを見に来たんだよ、北信越リーグのツエーゲン金沢と松本山雅FCの試合を。

 この試合は金沢市の石川県立西部緑地公園にある競技場で行われる。ここには他にはない名物があってね…[庇]というんですがね。ここを両サポがどう使うのか・・・というのを見てみたかったので(オイ

 ちなみにこの日はツエーゲンカーニバルってことでご来賓やらダンスショーやら。ご来賓には馳浩PWF会長他一名


 第34回北信越フットボールリーグ一部 第12節

ツエーゲン金沢 2-5 松本山雅FC
会場:石川県西部緑地公園陸上競技場
天候:晴
試合開始:17時30分
主審:宮川幸博
観衆:4,184人
<得点>
 金 山
 0-1 21分  山雅 柿本倫明
 1-1 26分  金沢 奈良安剛
 1-2 35分  山雅 今井昌太
 2-2 50分  山雅 オウンゴール
 2-3 54分  山雅 川田和宏
 2-4 61分  山雅 高沢尚利
 2-5 90+2分 山雅 小澤修一

<警告>
 08分 金沢 辻田真輝
 44分 金沢 木村龍朗
 47分 山雅 矢畑智裕
 52分 山雅 坂本史生
<退場>
 なし
ツエーゲン金沢
松本山雅FC
GK 1関光太
DF27大河内英樹
  19中尾真那
   2上田常幸
   4辻田真輝
  (→64分8吉田智尚)
MF13米山大輔
  14稲垣順
  (→80分16海野将光)
   7権東勇介
  10木村龍朗
FW26奈良安剛
   9永井健太
  (→64分28広庭輝)
GK30原裕晃
DF22坂本史生
  (→81分3吉田匡良)
  28矢畑智裕
  13三本菅崇
  19阿部琢久哉
MF 6今井昌太
  (→89分5斎藤智閣)
  15高沢尚利
   7川田和宏
  25大西康平
  (→85分8小澤修一)
FW10柿本倫明
  11吉田賢太郎
システム:4-4-2システム:4-4-2
監督:池田司信監督:吉澤英生
7.26金沢西部 010.jpg 7.26金沢西部 014.jpg
 ツエーゲン金沢は古豪の金沢SCをベースに2006年に発足。過去2年は4位となかなか勝ちきれない位置に留まっている。
 今年は首位と勝ち点2差で3位、まだ優勝戦線に踏みとどまっている。
 このチームは昨年の天皇杯2回戦、FC刈谷戦で一度観戦している。

 松本山雅FCは北信越リーグに初年度から唯一所属している古豪。まあ、一度北信越リーグを降格しかけた年があったが、その年に北信越リーグが二部制になった、ってこともあったが(笑)
 昨年は北信越リーグ一部で優勝して全国地域リーグ決勝大会に参戦したが、FCMi-OびわこKusatsuに敗退し、一次リーグ敗退。
 今年は開幕のサウルコス福井・グランセナ新潟との2戦に引き分けるなど大きく出遅れ、上位に大きく離された4位に留まっている。
 こちらは1997年の天皇杯1回戦、対ブランメル仙台で見たきりだ(笑)。当時は『山雅クラブ』と呼んでいたが。


 8分の松本。柿本倫明がドリブル、パスと同時に大河内英樹に倒され、受けた吉田賢太郎も辻田真輝に倒されてFK。このFKは川田和宏が狙うが、GKの正面。

 16分の山雅。右サイドから坂本史生がクロスをあげ、柿本がトラップしてから左足で狙うが、GKの正面に飛ぶ。

 21分、松本は大西康平のFKを柿本倫明が頭で合わせて先制。

 24分、金沢は大河内がカットし前線へ。抜け出した永井健太が中へ折り返すと権東勇介がフリーで待っていたが、ヘッドはバーの上を越えていった。

 25分の金沢。木村龍朗のパスを権東勇介がポストになってつなぐ。後ろから出た奈良安剛が抜け出し、左足でシュート。DFの足に当たってコースが変わりゴールに吸い込まれて同点に追いつく。

 35分、松本は柿本のパスに今井昌太が抜け出して勝ち越し。今井の右サイドからの飛び出しないしはドリブルがこの時間辺りから脅威になってきた。

 42分、金沢は木村龍朗のパスから奈良がシュートするも、GK原がストップ。しかし原と阿部琢久哉が痛んで治療。奈良のシュートに足を出した阿部琢はともかく、原はなぜ…と疑問ではあった。

 前半は松本山雅が1点リードして折り返し。しかしまだまだ点が入る流れではあった。


 後半はもっと激しい展開になる。

 47分、金沢は左サイドで木村龍朗が倒されてFK。このFKを権東勇介が合わせるが、わずかに枠の外。しかしスタジアムDJが「ゴーーーール!」と言ってしまって松本山雅の速報が大きく勘違いしたらしい(とっくに削除済み)。ゴールはネットの揺れ方を見ればわかりそうなものだし、松本山雅の速報人は試合に来てたんか?という疑問も成り立つが。

 50分の金沢。右からの中尾真那がロングスローを入れると、権東と松本山雅のDFふたりが競り、こぼれ球がファーポストに当たって松本山雅のゴールに吸い込まれてまたも同点に追いつく。

 しかし金沢の時間は続かず、54分に高沢尚利のパスに川田和宏が抜け出してシュート、すぐさま山雅が勝ち越しに成功する。

 61分、松本は右サイドで今井昌太がドリブル開始。辻田真輝をかわして縦に深く入って中へ折り返し、高沢尚利が合わせて4点目。この試合初めて2点差をつけた。

 その後は負けると先が厳しくなる金沢が攻めるが、原が判断のいい飛び出しと確実なキャッチでピンチの芽を摘んでゆく。
 栃木の体制変更に山雅の関係者は感謝しないとね。三栗寛士や大野恭稔だったらここまでの安心感は持てたかどうか、だから。

 さらに攻める金沢、しかしソレを嘲笑うかのような見事なカウンターがロスタイム2分経ったころに決まり、決着。


 金沢はまだ優勝の芽はあるが、残り2戦を両方勝ってそれでも他力、でしかなくなった。



 ちなみにアクセス。
 行きに使ったのは金沢駅西口からの済生会病院行、袋畠運動公園下車。所要15分、280円。
 帰りは北国花火大会へのシャトルバスで会場まで行って、そこからは金沢駅西口まで徒歩で30分弱。これは8年前も一緒だった。
関連記事

テーマ : 地域リーグ(サッカー)
ジャンル : スポーツ

tag : 地域リーグ 北信越サッカーリーグ ツエーゲン金沢 松本山雅FC

コメントの投稿

非公開コメント

Re:熱く激しく意地を張る ~北信越リーグ一部第12節 ツエーゲン金沢-松本山雅FC~(07/26)

馳浩PWF会長・・・、まあ、PWF会長という立場より、国会議員としての立場での来賓でしょうなぁ~!!(^^;)

松本山雅FC、今日は勝ったからいいけれど、今年は苦しい戦いが続き、去年の面影はなし。

頑張って貰いたいものです。(-_-)

もちろん

これは半分ネタ、半分嫌がらせ(爆)で書いてますので<PWF会長



ちなみに他1名のお方は、参議院の石川県選挙区選出議員です
ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。