スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東ユース(U-15)リーグ第11節 柏レイソル×横浜F・マリノス追浜

 天皇杯の最後の最後で1回だけこの試合を告知放送。それもほとんどが帰路についていたわけで…。なわけで、天皇杯からそのまま残ったのは10人ほど。しかし試合前にゾロゾロ入ってきて最終的には120人くらいが集まった。まあ、ほとんどが関係者だろうとは思うけどね…。

 そんな中で行われたのは関東ユース(U-15)リーグの最終節、2位の柏レイソルU-15と4位の横浜F・マリノスジュニアユース追浜の対戦。
 このリーグはもともとクラブユースのリーグ戦から発展した形のようで、リーグに所属しているのは全てクラブチーム、しかも三菱養和SCを除けば全てJの下部組織だ。全12チームの1回戦総当りで、11位以下はと県リーグの代表と入替戦を行う。
 また、このリーグに在籍すれば夏のクラブユース選手権と冬の全日本ユース選手権は都県大会をパスして関東大会から出場できる特典(?)もある。中学のチームが参戦したら全中の都県大会もパスになるのかしら(笑)。


  2009年度
 第3回関東ユース(U-15)サッカーリーグ 第11節

柏レイソルU-15 3-0 横浜F・マリノス
ジュニアユース追浜
会場:柏の葉公園総合競技場
天候:晴
試合開始:17時02分
試合形式:80分
観衆:120人(目測)
<得点>
 柏 追
 1-0 12分 柏  #14
 2-0 18分 柏  #10
 3-0 63分 柏  #14

<警告>
 なし
<退場>
 なし

02-柏×横浜M追浜 001.jpg 02-柏×横浜M追浜 007.jpg
02-柏×横浜M追浜 010.jpg 02-柏×横浜M追浜 011.jpg
 柏の監督は昨年までU-18の監督だった吉田達磨。バルセロナのようなパスサッカーを指向しているだけあって、このチームでもそんな雰囲気が。
 そういう目線で見ていくと、選手も当時の選手に重ね合わせて…見えてしまうのだからしょうがない。
 ちなみにシステム的には4-1-2-3。DFは右から4-20-2-7、アンカーが6、二列目が8-11、FWは14-10-9となる。


 12分、追浜のゴールキックを#14がカット、そのまま流しこんで柏が先制。

 18分、右から入ってきた#14がスルーパス、#10が反応してシュート、柏が2点目。

 63分、右から崩して#10が折り返し、#14か叩きこんで3点目をあげる。


 追浜も典型的な横浜Mの下部組織。前半はワンタッチツータッチでのパスを多用。そして後半になるとドリブルを使うようになり、それがまた力強い(笑)。また守備面では前日のユース同様サイドが脆弱、簡単にウラを取られてピンチを招くのだが、センターバックがきっちりとカバーするというのも前日にそっくり(笑)。
 
 後半は追浜も決定機を作ったのだが、柏のGKが反応良すぎ、ゴールをあげられず。柏のGKはU-15の代表にも呼ばれていた中村航輔でいいのかな?


 これで関東リーグは一応終了。柏は9勝2分で終了、前節で同勝ち点だった浦和次第で優勝も転がりこんでくるのだが…浦和は鹿島相手に1-0の勝利。ここまでの得失点差が10開いていたので、ひっくり返すには至らず。
 追浜はみなとみらいとの内ゲバ(?)を残して5勝2敗3分の5位。ちなみにみなとみらいも同勝点なので…。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。