スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“なでしこ”な話

 北京オリンピックの女子サッカー、3位決定戦は日本はドイツに破れ、世界大会初のメダルを前にして涙を呑んだ。試合を途中まで見ていたが、失点するまでは結構いいサッカーをして昨年のW杯女王のドイツを押し込んでいるようにも見えたが。
 ただ、失点してからは…まるでどこかでよく見るような可能性のない攻撃に終始していたのは残念だったな。


 さて、その後のことなのだが。
 まず、現監督の佐々木則夫氏は10月末からチリで行われる世界選手権に臨むU-20代表を率いており、さらにLリーグが9月から11月末までびっしり入っているために今年中の活動はもうないと考えてよい。
 たとえ新監督を招聘する、にしてもさし当たっての目標がない現状では無理して代表を組む必要もないし・・・。

 次に代表が招集される時、メンバーはどうなっているだろうか。もちろん、代表の選考は監督の専権事項ではあるのだが、半分は入れ替わっているだろうと思える。
 GKの福元美穂(ベル)、海堀あゆみ(レオネッサ)はまず変わらないだろう。というかその後が・・・アルビレックスの大友麻衣子、マリーゼの天野実咲が入ってくるのかな。
 DFは五輪メンバーからは池田浩子(ペルーレ)、柳田美幸(レッズ)が外れるだろう。代わりに入ってくるのはCap持ちだと宇津木瑠美(ベレーザ)、熊谷紗希(常盤木学園高校)かな・・・。Capのない組だと柴田里美(ジェフ)、宮迫たまみ(レオネッサ)なんてどうかな。
 MFは加藤與恵(ベレーザ)、原歩(レオネッサ)が外れるだろう。澤穂希(ベレーザ)はもうちょっとやるんじゃないか、と思うが。その代わりはパッとでてくるのは川澄奈穂美(レオネッサ)だろうが、後は思い浮かばない。ここは少々人材が足りないかな。個人的には日本体育大学の伊藤美菜子が面白いけど。
 FWは荒川恵理子(ベレーザ)が外れるだろうが、大野忍(ベレーザ)、永里優季(ベレーザ)が軸になるのは変わらないだろう。後は・・・一気に新顔が登場してくるかも。吉良知夏(神村学園高等部)、岩渕真奈(メニーナ)のU-17代表組が2階級特進でくるとかだったりしたら面白いが。


 ところで、このオリンピックで女子サッカーに目を向ける人間は増えたと思う。しかしその流れを強くするにはマスコミの補助が絶対に必要なのだが、マスコミと言う人種は持ち上げて潰すのは得意だが育てるのは不可能だからな・・・多難ですな、これは。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re:“なでしこ”な話(08/22)

目を向けているのは、ソフトボールよりサッカーの方が圧倒的に多いのでは・・・!?

念願の金メダルを獲得した女子ソフトボールチームに続いて、なでしこジャパンも強くなって貰いたいものです。

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。