スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

典型的自滅 ~全日本ユース(U-18)round.16 柏-東京V~

 高円宮杯全日本ユース選手権は一次リーグが終わって決勝トーナメントへ。蘇我のフクアリ会場は組み合わせが絶妙過ぎて、柏×東京の2試合が組まれることになった。

 第1試合は柏レイソルと東京ヴェルディの対戦。昨年のJユース選手権でもあたり、その時はスコアこそ3-2ではあったものの柏が圧倒したが、年度が変わってどうなったのか。

 しかし、今日はよく入ったよ。まさか二階で場所を探すのに苦労するとは…結局、いつもの場所はもうなかったし。


  高円宮杯
 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会
  決勝トーナメント Round.16

柏レイソルU-18
(D組1位)
 1-3 東京ヴェルディユース
(E組3位)
会場:千葉市蘇我スポーツ公園球技場フクダ電子アリーナ
天候:雨
試合開始:11時01分
試合形式:90分+延長20分+PK戦
主審:柿沼亨
観衆:1,242人
<得点>
 柏 V
 0-1 35分 東京V 真野亮二
 0-2 46分 東京V 真野亮二
 0-3 49分 東京V 高木俊幸
 1-3 60分 柏   工藤壮人

<警告>
 40分 東京V 小林祐希
 79分 柏   仙石廉
<退場>
 なし
柏U-18
東京Vユース
GK 1松下理貴
DF 2御牧考介
  (→84分23相馬大士)
  12茨田陽生
  20島川俊郎
  22酒井宏樹
MF 3飯塚浩一郎
  (→75分8仙石廉)
   6畑田真輝
  10武富孝介
FW11山崎正登
   9工藤壮人
  25指宿洋史

GK 1本田大雅
DF29八塚利朗
  18高野光司
   4平智広
   7山崎文人
MF 8和田拓也
   2高橋祥平
  19小林祐希
  (→67分12高木善朗)
  14高木俊幸
FW10富所悠
  (→73分13久利研人)
  11真野亮二
  (→92+分23新村武玄)
システム:4-1-2-3システム:4-4-2
監督:吉田達磨監督:柴田峡
 前半から東京Vが強く圧力をかけ、レイソルを押しこむ。サッカーとしてはヴェルディっぽさのないサイド攻撃からのクロスやロングボールが多かったが、今年のメンバーは労働者タイプが多い、となればこの戦略も頷ける、というもの。
 28分には山崎文人のロングパスで和田拓也が抜け出してシュート、右に外れたがこのあたりが象徴的なシーンかと。

 対して柏はいつもどおりパスをつないで攻めるものの、東京Vの厚い壁に阻まれ、シュートまでもっていけず。34分に左サイドから細かいパスをつないで工藤壮人のポストから畑田真輝が打ったショットが初めて作った決定機に近いか。
 
 このショットでちょっと見損ねたが、35分に、柏GK松下理貴がバウンドして高く跳ね上がったボールを手でクリアしようとして失敗、頭の上を越されてそのままゴールへ飛び込み、ラッキーな形で東京Vが先制する。しかし…公式記録による動きと実際の動きがまるで結びつかないのだが、なんであんな形のバウンドになったのか誰か教えて(願)。
 前半はそのまま東京Vが1点リードで折り返した。

 
 後半早々、東京Vはロングパスに真野が抜け出して2点目をあげる。さらに49分には左サイドでクリアボールを拾った高木俊幸がそのまま中へ、DFの読みにないミドルシュートで3点目をあげた。
 この2失点に当たりに行かないで受身にたった柏DFの弱さが出たかな・・・。

 柏は後半開始とともに山崎正登と酒井宏樹のポジションを入れ替えるが、3点目を取られたことで元に戻す。
 60分酒井のパスから工藤壮人がゴールして1点を返し、さらにゴールを狙うがうまくいかず。逆に東京Vのカウンターを受け、ピンチになる場面もあり、最後まで東京Vペースは崩れなかった。


 そのまま試合は3-1で東京Vの勝利。柏が自らのミスから崩れる、自滅を絵に描いたような試合だった。



携帯アクセス解析



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。