スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリーグユース選手権A組 ジェフ千葉×ザスパ草津

 スポレクパークから自転車を飛ばしてフクアリへ向かう。さすがに10分の余裕では間に合わず、前半15分頃にようやく到着。
 う~ん、客数は関東大学リーグとほとんど変わらないね(笑)。


  Jリーグユースカップ2008
 第16回Jリーグユース選手権 Aグループ

ジェフユナイテッド
市原・千葉U-18
 5-1 ザスパ草津U-18
会場:千葉市蘇我スポーツ公園球技場フクダ電子アリーナ
天候:晴
試合開始:15時00分
観衆:300人
<得点>
 千 草
 1-0 01分  千葉 三津拓郎
 2-0 16分  千葉 平田直也(=PK)
 3-0 19分  千葉 砂森和也
 3-1 41分  草津 萩原理人
 4-1 81分  千葉 板倉直紀
 5-1 92+分 千葉 佐々野凌

<警告>
 45+分 草津 桑原翔吾
 46分  草津 萩原理人
 67分  千葉 三津拓郎
<退場>
 なし
ジェフ千葉U-18
ザスパ草津U-18
GK 1野寺和音
DF14加藤龍平
  16榎本将大
  12沓掛勇太
   4砂森和也
MF 7平田直也
  (→75分19板倉直紀)
   2市瀬勇樹
  23三津拓郎
  (→85分21佐々野凌)
  11岡庭和輝
  (→62分22成冨研蔵)
FW 8奥田勇太
  (→46分9村上翔)
  15高橋完治
  (→82分20金井涼太)
GK 1眞下夏樹
DF 2井田僚佑
  (→84分8高橋翔也)
  13金世勲
   3小池拓眞
   4宮崎溪仁
MF 7中村龍之介
  (→67分14塚越祐介)
   5小池駿輝
  17小椋元稀
  10津久井亮
FW11萩原理人
   9桑原翔吾
  (→46分18平形要)


システム:4-4-2システム:4-2-2-2
監督:城福敬監督:倉尾正典
 既に1点を取っていた千葉、16分に平田直也のPKで2点目を取る。
 さらに19分、砂森和也がドリブルで上がるとそのままミドルシュート、GKの手を弾いてゴールに刺さり、3点目をあげる。

 こうなると千葉の大量点モードになるところだが、その後は無意識に緊張が緩んだのか、攻め込むもののシュートが決まらない。
 ようやくゴールになったのは80分を過ぎてから。81分に成冨研蔵のシュートをGKが弾いたこぼれ球を板倉直紀がつめてゴールすると、ロスタイムになった92分にスルーパスに金井涼太が抜け出し、GKをよく見て佐々野凌に出し、佐々野が決めて5点目。


 草津は最初に一気にやられたが、次第にスピードやパワーに慣れてきた。41分には萩原理人がDFラインを抜け出してゴール、1点を返す。

 後半もよく守ってはいたが、終盤に足が止まって2点を取られた。
 見てると、やっぱり千葉の選手に比べると体が細い。特に太股の差は歴然としていた。体格差を埋める、とかの対人のことよりも、怪我を防ぐという意味でフィジカルをUPさせる必要があるかな、と見ながら考えていた。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。