スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東社会人大会準決勝 日立ビルシステム×横浜GSコブラ

 関東リーグへの昇格を懸けた関東社会人サッカー大会を観戦に相模原市は麻溝公園へ行ってきた。

 この競技場、全面完成すれば15,000人近く収容できるのだが、スタンドができてない今はピッチサイドでの観戦。しかし、今年の観客数は…この大会を何回か見ているが、こんなに来たのは初めてだ。下手な全社より…て今年の全社は多かったけど。

 その麻溝競技場での第一試合は東京1位の日立ビルシステムケアと神奈川3位の横浜GSコブラの対戦。


 第42回関東社会人サッカー大会 準決勝

日立ビルシステム
(東京1位)
 2-0 横浜GSFCコブラ
(神奈川3位)
会場:相模原市麻溝公園競技場
天候:曇
試合開始:11時00分
試合形式:90分+延長20分+PK戦
観衆:100人
<得点>
 日 横
 1-0 37分 日立ビル 矢口敬
 2-0 60分 日立ビル 矢口敬

<警告>
 46+分 日立ビル 山口卓朗
 77分  日立ビル 吉住敦
<退場>
 なし
日立ビルシステム
横浜GSFCコブラ
GK 1寺地廉
DF 3矢口敬
  12山本陽一
  16牧野敏宏
  15石井晃一
MF 4吉住敦
  19川野大輝
   8元田直輝
   9山口卓朗
  (→81分10山口堅太郎)
FW14吹原健太
  (→56分17鶴岡学)
  11庄堂裕也

GK 1藤田慎平
DF27曽根潤也
   4三ツ橋宏介
  28木村一博
  (→74分3岩間祐)
  24押久保佑太
MF20田辺敦志
  (→59分前田亮)
  14武佑樹
  26仙石聡
  10大空昌宏
FW19田巻賢太郎
  (→HT39外池大亮)
   9守屋圭祐
システム:4-4-2システム:4-1-3-2
監督:飯嶋幸嗣監督:笠原秀美
 日立ビルシステムは東京都リーグで3度の優勝を果たし、この大会には7年連続の出場。この大会でも2002年に優勝しているのだが、この年は関東リーグ再編のためにこの大会に優勝しても関東リーグに上がれない年だった…(各都県リーグの1位が関東二部へ昇格)。昨年のこの大会は準決勝でエリースFC東京に敗退。

 横浜GSFCコブラは2000年に創部されたチームだが、元は地元の小中学生のクラブからの発展。この大会には今年が初出場。


 日立ビルが試合を優位に進めて、37分にFKを庄堂裕也がシュート、GKが弾いたこぼれ球を矢口敬が押し込んで先制する。

 前半に関しては横浜GSはほとんどチャンスなし。


 後半に入って横浜GSは切り札ともいえる外池大亮を投入。さすがに昨年までJでバリバリ活躍していた片鱗は見せたが、いかんせん使い方が徹底されていないな…と。ならばスピードのある前田亮(昨年まで早稲田大)を入れれば、と思ったが…前田自体がそう機能していなかった感も。

 後半になっても試合を優位に進めた日立ビルは60分に吉住敦のCKに矢口敬が頭で合わせてゴール、2点目をあげる。
 そのまま日立ビルが横浜GSコブラの攻撃をいなして勝ち、悲願の関東リーグ昇格を決めた。


 さて、日立ビルシステムといえば…有名な古参の1人サポO氏。久しぶりに元気な姿が見られたし(昨年は音が聞こえてこなかった…)、相変わらずの調子も健在。そして昇格が決まった時には選手と抱き合って喜んでいたし・・・いやあ、シミズポが仕切りじゃなくてよかったわ(皮肉)
 そして今年も彼は名言を残してくれた。試合終了間際に「日立、よ~く聞け!あと○分で昇格だ!!」(後半部自信なし)と。これはどこでも使えるいい台詞では?


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

まさか

横浜市のアマチュアチームにいたとはねぇ。

>外池

プレイングコーチという位置付けかな?

あと4分

ロスタイム入った直後に言った

その後、あと30秒だぞ とも言ってる



あまらをさん>お願いです、現場に来てください・・・もしくは当該チームHPをぐぐって下さい

トノはコーチではなく、現役復帰

ついでに言えば、万全を喫したのか県リーグ開催中には登録だけしてて、県リーグには出ていなかったのがGSFCのHPから判ります



前田もそうだけど、このクラブには高田栄二がかつて在籍してたり、早稲田閥みたいですね



だからかな?スクールのお母さん連中の野次が的外れで視野が狭いのは
ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。