スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学女子選手権準決勝 大阪体育大学×早稲田大学

 第二試合は大阪体育大学と早稲田大学の対戦。このカードは昨年も同じ場面であって、この時は早稲田が5-2で大勝したうえに、坂本康博総監督(男子の監督)が退席処分を受けたりもしていたのだが…その処分ってどこで適用されたんだろうか?


 第18回全日本大学女子サッカー選手権大会 準決勝

大阪体育大学
(C組1位/大阪府)
 0-2 早稲田大学
(D組1位/東京都)
会場:国立スポーツ科学センター西が丘サッカー場
天候:晴
試合開始:14時00分
試合形式:90分+延長20分+PK戦
主審:竹下聖
観衆:1,294人
<得点>
 大 早
 0-1 34分 早稲田  小山季絵
 0-2 82分 早稲田  島田知佳

<警告>
 なし
<退場>
 なし
大阪体育大
早稲田大
GK21柴田彩佳
DF 2田中由女
   4塩川美樹
  15倉本あや
   5酒井望
MF14本田紗希
   6六車美紀
  (→75分12村松千萌)
   8末田恵理
   7白井希生子
  (→65分9泊志穂)
FW11前田恵理子
  10山内典子


GK16鈴木望
DF 6大脇友里佳
   3島田知佳
   8高畑志帆
  15臼井理恵
  (→87分21菅藤彩子)
MF 5今井さゆり
   7杉山遼
   9小山季絵
  (→61分23谷本晴奈)
  10小野瞳
FW11原一歩
  (→46分19大滝麻未)
  18有町紗也香
  (→63分20八木彩香)
システム:4-4-2システム:4-1-3-2
監督:石居宜子監督:長岡義一
 前半から早稲田がボールを持つ展開も、ゴール前にボールが入っていかず、決定機の少ない試合。

 しかし35分に小山季絵が中盤からロングシュート、40メートル近くあったが、GKの頭を越え、バーを叩いてゴールイン。これで早稲田が先制し折り返す。


 後半も早稲田がボールを持つ展開は続いたが、決めきれずに時間が過ぎていった。
 しかし82分、小野瞳のCKから高畑志帆がファーで落とし、最後は島田知佳が押しこんで早稲田が追加点をあげる。
 そのまま逃げきり、2年連続の決勝進出。


 大阪体育は山内典子、前田恵理子といういいFWはいるのだが、中盤がキープできないものだから前の二人をただ走らせるサッカーになってしまったな。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。