スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪府高校新人戦3回戦 箕面自由学園×東海大仰星

 関西二日目。まずは大阪府の高校新人戦に照準を絞った。
 この日は一次予選の3回戦で、芥川・豊島・関大一高槻・柴島・金剛・泉北・阪南の7高校のグラウンドと阪南大学高見ノ里の8会場で行われる。当初は高槻市にある関大一か芥川のどちらかで見ようと思っていたのだが、どちらも阪急高槻市駅からは微妙に遠く(関大一は最後まで場所も確定できなかった)、しかも試合開始時間がわからなかったので諦め、唯一大阪市東北部で行われる柴島高校の試合を選択。

 阪急柴島駅には9時過ぎに到着し、浄水場を回って高校の門前。張り出されていた掲示をみたら、9時30分・11時・12時30分・14時に試合開始されていると。そこで門にいた生徒に「他の会場も同じ開始時間?」と聞いてみると「そう」とのこと。高槻に行ってたら試合開始には間に合わなかったな…。


 平成21年度 大阪高校新人サッカー大会 3回戦

箕面自由学園高校 0-18 東海大学付属
仰星高校
会場:大阪府立柴島高校グラウンド
天候:晴
試合開始:9時32分
試合形式:70分+PK戦
主審:佐藤
観衆:40人
<得点>
 箕 仰
 0-1  01分 東海大仰星 #13
 0-2  02分 東海大仰星 #7
 0-3  08分 東海大仰星 #9
 0-4  11分 東海大仰星 #13
 0-5  12分 東海大仰星 #11
 0-6  17分 東海大仰星 #7
 0-7  19分 東海大仰星 #13
 0-8  22分 東海大仰星 #9
 0-9  24分 東海大仰星 #9
 0-10 26分 東海大仰星 #13
 0-11 40分 東海大仰星 #12
 0-12 41分 東海大仰星 #9
 0-13 44分 東海大仰星 #5
 0-14 46分 東海大仰星 #14
 0-15 56分 東海大仰星 #12
 0-16 58分 箕面自由  #1(=OG)
 0-17 61分 東海大仰星 #12
 0-18 66分 東海大仰星 #22

<警告>
 なし
<退場>
 なし
 第一試合は総体や選手権に何回か出ていて、別の競技では強豪で知られる東海大仰星と、初めて名前を聞いた箕面自由学園の対戦。

 東海大仰星は名前のとおり東海大系列の高校。サッカー部は平成2年度の第69回大会を最初に3度の選手権に出場、第80回では1勝をあげている。昨秋の大会では最終予選の1回戦で敗れている。
 サッカー部のOBには慶治(新潟コーチ)、幸治郎の海本兄弟がいる。他の競技では野球の上原浩治(ボルティモア)、建山義紀(北海道日本ハムファイターズ)、ラグビーの大畑大介が有名どころだろう。

 箕面自由学園は1951年に創立された高校。チアリーディングや射撃は全国レベルだが、サッカー部はまったく名前を聞いたことがない。ちなみに昨秋の選手権は一次予選で敗退している。


 開始1分に早速東海大仰星が先制点を奪う。右からFWの#9がグラウンダーのクロスを中に入れFW#11がシュート、GKに当たってこぼれたところを左MFの#13が詰めた。

 以下は得点経過を。
 2分、左サイドを#13が縦に突破、中に折り返し#9がスルー、ファーから右MFの#7があわせた。

 8分、センターバックの#5が前線にフィード。#9が受けてドリブル、DFを抜き去って飛び出たGKの脇を抜いた。

 11分、右からグラウンダーのクロスが入り、#13がど真ん中から決めた。

 12分、#9のパスに#11が抜け出してゴール。

 17分、右サイドを#7がドリブルで縦に上がって中に折り返す。中央にクロスを入れるとそのままファーサイドのネットに落ちた。

 19分、右から#11が縦にドリブルしてクロスを入れる。ファーサイドで#13がワントラップし、豪快に突き刺す。

 22分、#9がドリブルからゴール。

 24分、箕面自由のCKを跳ね返してカウンター、ロングボールをGKが空振りし#9が流し込む。
 ちなみに、このCKは#8が右サイドを縦に上がり、左前方にいるFWの#10へ、#10が少し前進してミドルシュート、GKの手を抜けて流れ、CKになったものだ。しかしこれが箕面自由のこの試合唯一のシュート、唯一のCKになった。

 26分、中央から#13がミドルシュートを決まる。

 その後も3度ほど決定的チャンスを逃して前半の35分を経過。


 後半も当然ながら東海大仰星の一方的な試合。
 40分、右から右MFの#2が縦に上がり、折り返して#12が決める。

 41分、誰か(ボランチの#8かな?)のシュートがポストに当たっての跳ね返りを#13が拾い、中に入れて#9がゴール。

 44分、#2のCKをセンターバックの#4が頭で落とし、外から#5が飛び込んできた。

 46分、左から#12がクロスをいれ、#14が頭で合わせた。

 56分、右から#15がクロス、ファーで#12が頭で合わせた。

 58分、#2のCKを誰かが落として#22がシュート、GKがキャッチしたが#22を避けようとした時にボールが手から離れてしまいゴールに。

 61分、中央から#12が抜け出し、流しこむ。

 66分、#8のスルーパスに#22が抜け出してGKを抜く。


 あまりのゴールの多さに、試合後にはこの試合の勝者と次に戦うことになっている大阪桐蔭のビデオ組と得点経過の答え合わせをしていたり(笑)。


 しかし18点…。そりゃ過去には20-1とか16-0とかを見てるけどそれは90分ゲームの話だからなあ…。これが90分ゲームだったらどんなスコアになっていたことやら…怖。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。