スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川崎フロンターレ 7-0 サンフレッチェ広島

今年、“J1”で川崎の試合を見る、また等々力に来るのはこれが初めてだったり…(苦笑)
席はSゾーンにして正解。Aにしてたら席があったかどうか…(苦笑)。


18分、森勇介がドリブルでゴール前に入ってきてスルーパスを出す。ジュニーニョがダイレクトでシュート。これで川崎が先制。

24分、田坂祐介に突破された森脇良太が田坂を後方から押さえて警告、この試合2枚目の警告になって退場、広島は10人に。

29分、菊地光将のフィードを佐藤寿人がカット、GKと1対1になって佐藤寿人がシュートを撃つも、川崎GK川島永嗣にぶつけてしまう。

31分、川崎は中村憲剛がミドルシュート。これを広島GK中林洋次が弾き、レナチーニョが詰めるも中林がまたブロック、こぼれ球を森勇介が狙い、ミドルシュートを撃つが、これも中林がはじき出してCKに。
そこからのCKが何回か続く。中村憲剛がCKを入れると鄭大世がヘッド、槙野智章がブロックしまたCKに。

10人になった広島もDFラインを高く上げて撃ち合い上等を掲げていた。


後半。
61分、ジュニーニョのクロスをレナチーニョが撃つが枠を外れる。
直後、ゴールキックのはずがなぜか鄭大世がゴール。何が起こった…?

後半半ばからは川崎の一方的な展開に。
70分、村上和弘のクロスを田坂祐介がダイレクトシュート、3点目。

74分、ロングボールに抜け出したレナチーニョがフリーでシュート、4点目。

85分、登里亨平が中へ切れ込んでパス、中村憲剛がミドルシュートをサイドネットに突き刺した。

86分、中村憲剛がスルーパス、ジュニーニョがGK中林洋次をかわすも、ボールがこぼれる。登里亨平がフォローしてシュート、6点目。

92分、左サイドからジュニーニョがシュートを突き刺して7点目。



川崎が大量得点をあげて首位キープ。しかしそうなった大元の原因は森脇の軽率極まりないプレーだからな…点差はあまり気にしない方がいいかと。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。