スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央大学×順天堂大学

関東では大学リーグも開幕。開幕戦は昨年2位の中央大学と、二部で優勝して一年で一部に復帰した順天堂大学の対戦。


順天堂大学は大学選抜かつ湘南ベルマーレの特別指定選手でもあるGK松本拓也が欠場。上福元直人がスタメンで出場した。
中央大学はこちらも大学選抜の林容平が欠場。こちらは負傷だそうな…。

7分の中央。平田直也が折り返したクロスを松本光平がトラップしたところに奥山慎が突っかけてボールを奪ったところ、松本光平が奥山を引っ張って倒してしまい、中央にPKが与えられた。
このPKを佐藤謙介が確実に決めて中央が先制。

中央はしつこさの奥山慎と強さの安柄俊のツートップがそれぞれ持ち味を発揮したが、1+1が2になっていたかどうか…。
そして奥山を新田圭に交代させると、チームから勢いは失われていった…。

順天堂は前半は岡本達也がキープして井村雄大が飛び出していくパターンでチャンスを形成するも、決めきれず。
後半半ばからは齋藤拓也と原田開の1年生2人がチームを活性化、攻める展開になる。

82分、シュートのこぼれ球に詰めた新田圭がボールを拾い直したGK上福元直人と接触、アフターチャージで一発退場となった。

一人減った中央がなんとか順天堂の攻撃をしのぎきった。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。