スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第7節 柏レイソル×サガン鳥栖

 昨日と違って今日はよく晴れた。日立台は全く屋根がないので、この天候は実にありがたいことだ(笑)。

 毎回のように柏のGKテーマ曲を聞きつつスタンドインすると、ちょうど鳥栖の選手が出てくるところ。柏ゴール裏から聞こえてきたのは「デルピエロどこだー!」(笑)。そりゃユベン鳥栖ユベントスじゃ(爆)。


 2010日本プロサッカーリーグ二部 第7節

柏レイソル 2-0 サガン鳥栖
会場:日立柏サッカー場
天候:晴
試合開始:13時04分
主審:佐藤隆治
観衆:6,844人
<得点>
 柏 鳥
 1-0 50分 柏 レアンドロ・ドミンゲス
 2-0 82分 柏 工藤壮人

<警告>
 34分 鳥栖 藤田直之
 54分 柏  栗澤僚一
 78分 鳥栖 木谷公亮
 80分 柏  橋本和
 90分 柏  大津祐樹 
<退場>
 なし
柏レイソル
サガン鳥栖
GK21菅野孝憲
DF13小林祐三
   6朴東赫
   3近藤直也
  22橋本和
MF28栗澤僚一
  (→73分20茨田陽生)
   7大谷秀和
  11レアンドロ・ドミンゲス
   8澤昌克
  (→46分18田中順也)
FW19工藤壮人
  14大津祐樹

GK 1赤星拓
DF15丹羽竜平
  20呂成海
   2木谷公亮
   3磯崎啓太
  (→69分13日高拓磨)
MF25早坂良太
   8衛藤裕
   6藤田直之
  (→76分24柳澤隼)
  10金民友
FW22池田圭
  (→63分18萬代宏樹)
   9豊田陽平
システム:4-2-2-2システム:4-4-2
監督:ネルシーニョ監督:松本育夫

柏×鳥栖 001.jpg 柏×鳥栖 006.jpg
柏×鳥栖 009.jpg 柏×鳥栖 012.jpg
 柏は『鳥栖』に滅法相性が悪く、リーグ戦では1勝1分4敗、天皇杯でも1勝2敗と負け越している。注:『サガン鳥栖』とはないので注意(爆)

 鳥栖はこのオフに監督をはじめ、選手とスタッフをを某チームにごっそり引き抜かれた影響で、前々監督である松本育夫氏が7年ぶりの現場復帰となった。とは言うものの、松本監督はベンチに座って戦況をじっくり見る形で、実際に最前線に立っているのはヘッドコーチの尹晶煥のようだ。


 9分の柏、澤昌克が前線にスルーパスを出す。大津祐樹が抜け出して追うも、その前でGK赤星拓がボールを収める。

 11分。橋本和から丹羽竜平がボールを奪い、すぐさま前線へ送る。豊田陽平が受けてゴール前に迫るが、シュートは枠を大きく外す。

 19分の鳥栖。磯崎啓太のドリブルから豊田陽平がポストで落とし、金民友がシュートも、DFが戻ってクリアする。

 25分。朴東赫のファウルからペナルティエリアすぐそばで鳥栖のFK。衛藤裕が直接狙うも、GK菅野孝憲が弾き出した。

 31分の柏。右から小林祐三が上がって中へ入れる。澤昌克は3人に囲まれつつもキープして時を窺うが、鳥栖のDFも隙を作らない。結局澤は下げて、レアンドロ・ドミンゲスがシュートを撃つが、枠を捉えられず。

 37分の柏。菅野孝憲のゴールキックを大谷秀和が頭で前線に出す。前線には工藤壮人が走っており、ペナルティアリアまで行くが、さすがにペナルティエリア前で潰された…。

 39分。最終ラインでの朴東赫の横パスを豊田陽平がカットして一気にゴール前に迫る。朴東赫のスライディングタックルをかわしてシュートを撃つも、戻ってきた近藤直也がブロックした。

 前半はともにスコアレス。ともにサイドからの攻撃を狙っていたようだが、ついてくるDFが最少人数では有効な攻撃手と言えたかどうか。むしろカウンターでの縦一本で中央を通したほうがチャンスになっていたように感じたが。


 後半に入っての50分。鳥栖が前線に入れてきたボールを橋本和がカット、そのまま前に持ち上がる。左の大津祐樹に振って、大津はそのまま折り返し、レアンドロ・ドミンゲスが右45°から抑えの効いたシュートを決めてようやく柏が先制。

 52分にはレアンドロ・ドミンゲスのCKに朴東赫がニアで合わせるも、ポスト直撃。この日が誕生日で母親も来ていたというが、ポスト直撃に決定的パスミスと今日は精彩を欠いていたか。

 62分の柏。菅野孝憲のパントキックを田中順也が落として流し、工藤壮人へ。工藤のシュートはGK赤星拓の正面だったが、いい形の攻撃ではあった。

 71分、スルーパスで萬代宏樹が一気に裏を取るも、シュートはDFが戻ってきてブロックする。柏の守備陣はウラを取られてもいたが戻りが速く、シュートを撃たせてはいない。この場合は萬代が遅い、とも言えなくはないが(苦笑)。

 82分、レアンドロ・ドミンゲスが中央からスルーパス。DFのウラを取った工藤壮人が確実に決めて2点目をあげる。

 終盤の鳥栖にはちょっと驚いた。柳澤隼が出た時にポジションを確認していたら…なんで早坂良太がボランチやってるんですか?
 鳥栖の意図としては衛藤裕を右サイドに出して左の金民友とともにクロスを豊田陽平や萬代宏樹に入れてこぼれ球を早坂に拾わせて…という考えだったのだろうが、早坂はべったりポジションに貼り付いていてダメ。これだったら下地奨あたりを…となると69分の磯崎啓太→日高拓磨の交代は余計な一枚だったのか。

 というわけでそのまま柏が勝利。とはいうものの、バックスタンドの皆さんは相当なご不満のようで…。


 ところで、サッカーでは頭に小動物を乗せてプレーするのはOKでしたっけ?
柏×鳥栖 015.jpg
 いや、小林祐三の頭が…どう見ても小動物を乗っけているようにしか見えん(苦笑)。 


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。