スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央大学×慶應義塾大学

 西が丘の第二試合は中央大学と慶應義塾大学の対戦。こちらも前週の総理大臣杯代表決定戦で対戦していて、この時は2-1で慶應が勝ち、総理大臣杯出場を決めた。

 中央といえば絶対に吉田達磨(やジョゼップ・グアルディオラ)とは絶対に相容れないで発想を持つOB会会長ご一行様がご来場。彼の人の声の大きさとその発言のアホらしさにはさすがに我々は慣れたが、前にいた女性二人組はかわいそうだったな…彼の人の言に眉をひそめ、前半が終ったら去って行ったよ。


 2分の中央。永木亮太が左からカットイン。倒されてFKを獲得。永木がFKを直接狙っていったが、枠を外した。

 14分の慶應。河井陽介のFKに笠松亮太が頭で合わせるも枠を外す。

 17分の慶應。右から加美義人が前線にクロスを入れる。フリーになっていた深澤良がダイレクトに合わせ、GKのニアを抜いてゴール。綺麗な形で先制点を奪った。

 28分の中央。永木亮太が前線の林容平にボールを入れる。林は溜めて左を走る六平光成へ。六平が受けたところで慶應DFが六平を倒してPKに。
 このPKを安炳俊が決めて同点に追いつく。

 35分の慶應。先ほどの得点時と同じようにクロスが深澤良に入るが、今度は当たらず。

 36分の中央。六平光成のスルーパスに抜け出した林容平がシュート、枠の上に上がる。

 前半は1-1での折り返し。


 後半早々の47分、中央は永木亮太が前線に入れる。林容平がボレーシュート、グラウンダーでゴールイン、逆転に成功する。

 その後は攻めたい意志とは裏腹に暑さで体力を奪われてしまい、有効な攻撃はできず。中央は攻め続けたものの印象に残っていないな…。


 そのまま試合終了。中央が先週の借りを返した格好になった。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

いや、その女性たち

俺らの無関係な話にも・・・

まあ、俺らの話はよく聞くとためになる話をしているはずなんだがな

OBの現状とか、行き先把握とかだから
ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。