スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンフレッチェ広島×セレッソ大阪

全日本ユースは一次リーグが終わってベスト16によるトーナメントに。1回戦はどこの会場も魅力あるのだが、現実的な理由から西が丘ということになった。

第一試合はセレッソ大阪とサンフレッチェ広島の対戦。
セレッソはグループリーグ第三戦の愛媛FC戦で大勝し、3位枠を掴み取った。
サンフレッチェはグループリーグ第三戦で柏レイソルに勝利し、グループ一位で決勝トーナメントへ進出。


18分の広島。早瀬良平が右へ展開。砂川優太郎が縦にドリブルしてDFを振りきりクロスを入れる。ゴール前では岡本洵が待っていて、頭で合わせてゴール、先制点。

25分、広島は岡本洵から川森有真、さらに砂川優太郎がワンタッチでパスを回して展開。砂川がスルーパスを入れると岡本が抜け出す。岡本はGKの動きをよく見て届かない所に流しこみ、2点目をあげる。

2点をリードされたC大阪は布陣を変えてサイドで勝負できるようにした。
しかし、45+1分に田中慶太が2枚目の警告を受けて退場。後半は10人での闘いになる。


後半は広島がC大阪の穴をどんどん突いていった。
55分に早瀬良平がゴール。
61分には砂川優太郎がFKを直接決める。
68分には早瀬良平が2点目。
72分には平田惇がゴール。
いずれもシュート自体は難なく、と言える状況だった。

76分のC大阪。広島GK大野チョルファンからのパスがルーズになったところをタダ凌輔が拾い、横へ走ってきた秋山大地へ送る。秋山がダイレクトでシュート。1点を返した。

90+2分の広島。右からのボールに藤井貴之が合わせてゴール。
これでゴールショーを締めくくった。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。