スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのフェンシング観戦

 国体、それは国内版のオリンピック。普段のようにサッカーばかり見ていても仕方がないので別の競技を探したところ、松戸でフェンシング競技が引っかかってきた。
 ちょうどこの日は柏でサッカーもあることだし、寄り道するのにもってこい、だったが…。


 千葉国体のフェンシングは4日間の開催。2日が初日で、初日は成年男子と少年女子のフルーレ競技の1回戦、2回戦。
 フルーレ競技は素人が端的に書くならば短剣(それでも1メートルはある)による突きあい。従って突きによるポイントしか認められない。

 
 で、見に行っては見たものの…会場でもらったチラシには競技方法、基本的なポイントの入り方、勝敗の付け方などなど素人が見るのに必要な情報がなくて…。

 そういうことなので、サラッと見ただけでおしまいに(苦笑)。

 まあ、成年男子と少年女子の試合を同時進行していたので、その点で見るものはあったかな。極端に言うと、成年男子なら接近しても隙を窺って剣を縦にしての突きを狙っていたが、女子は離れて突きを狙うに留まっていた…な。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

予想通りやねw

けど、国体だから、観戦ガイドみたいなのは配っていたんじゃないかと思うが・・・。

あ、あとあなたの知っている人

某大分チーム監督の(たぶん)娘さんが、大分代表(少年女子)で出ていたのを、今朝新聞を見て思い出した。

NHK教育テレビによると

たまたま録画設定をミスして録画してしまった、NHK教育テレビで中継していた、成年女子決勝中継の説明によると、フェンシングには、エペ・フルーレ・サーブルの3競技があるり、なかでもサーブ権ならぬ攻撃権があるエペが一番難しいルールらしいです。試合は日本代表がいる京都府の圧勝でした。
ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。