スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪南大クラブ×福島ユナイテッドFC

全国社会人サッカー選手権大会は準々決勝。会場は阿知須と小野田。昨日乃木浜に行った以上必然的に阿知須になってしまう。

阿知須駅から会場までは今のところ歩いて25分かかるが、現在整備中の駐車場ができればこの駐車場が短絡ルート足り得るので10分は短縮できそうだ。


第一試合は阪南大クラブと福島ユナイテッドFCが対戦。

1分、阪南は左から廣瀬龍が中へ入れる。河本駿が落として林大地がシュート、枠の左。
25分の阪南。左から西川裕太が上がって中へ入れる。片山雄大がシュートするが枠の外。
福島Uは守備時のマークが曖昧で阪南の攻勢を許した。試合中に選手同士でマークを確認していたし。

序盤からどちらも当たりが激しいうえに主審も昂りを抑えないため、次第に荒れ模様になる。
31分、福島Uのゴールキックの競り合いで福島Uの時崎塁と阪南の朴賛友がぶつかり両者とも倒れる。時崎はすぐに立ち上がったが朴賛友は担架で運ばれてピッチ外へ。
34分、福島Uは清野雄大のロングキックを伊藤卓也が落とし、時崎塁が縦に出す。久野純弥が抜け出してシュート。GK山田健太の脇を抜けてゴール、福島Uが先制。
この時、朴賛友はまだピッチに戻れず、阪南は10人だった。

40分の阪南。西川裕太がFKをゴール前に入れると、河本駿がファーで合わせたが、サイドネット。

前半は福島Uが1点をリードして折り返すも、阪南にもチャンス大に思えた。


後半に入ってもやや阪南が押している展開は続く。
57分、朴賛友のフィードが右の武井一晃へ。武井はダイレクトで中に折り返し、片山雄大がフリーで合わせるも、枠を外す。

64分の阪南。中央からショートパスの連発で突破、最後は片山雄大が抜け出してゴールネットを揺らすも、なぜかオフサイドを取られてノーゴール。

67分、阪南の加藤雄太と福島Uの金功青がぶつかり、加藤にイエローカード。加藤はこれが2枚目のイエローカードで退場になったが…その後起き上がった金功青が親指を突き上げたところを見ると…主審が騙されたとしか言えないだろう。
その加藤は退場後に大荒れ。気持ちはわからないでもないのだが、試合後に監督と総監督に連れられて御詫び行脚をしてました。

その後はどちらもチャンスすら作れない状態が続いた。

83分、福島Uは久野純弥が前がかりになった阪南の裏を取り独走する。シュートはGK山田健太が防いだが跳ね返りを古西祥が無人のゴールに流し込み2点目をあげる。


そのまま試合終了。福島Uが地域決勝に進出する可能性が発生する準決勝に進出したが…なんだろね、何かをする度にアンチを増やすこのチームは。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。