スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東社会人サッカー大会1回戦 千葉教員SC×JBUS宇都宮FC

 11月になると関東では上位リーグへの昇格を争う大会が始まる。3日には大学の昇格決定戦が始まり、今日からは社会人の大会である関東社会人サッカー大会が始まる。
 この大会は関東地域の一都七県による持ち回り開催で、今年は東京都での開催。

 第一週の会場は駒沢公園と大井ふ頭中央海浜公園だったが、選択肢の多い駒沢公園へ。現在補修工事中の陸上競技場の前で『東京ラーメンショー2010』が行われていて結構な人数が来ていたせいか、この大会が行われた補助競技場と第2球技場にもそこそこ人は流れてきていたか。
 第一試合は都合により遅刻(笑)。公式戦を見たことがないS.C.相模原を見るいいチャンスだったんだけど…。

 で、駒沢第二での第2試合は千葉県できちんと1位になってきた(笑)千葉教員SCと、栃木県の最終節で逆転して2位になったJBUS宇都宮SCの対戦。


 千葉教員サッカークラブ(4-4-2)
  GK 1高橋剛士
  DF27小倉良太
     2矢口達彦
    35島田健司
     4若林広樹
  MF13佐藤拓馬
    36前之園哲
    19松本真平
    33石川航平
    (→62分48花ヶ崎和希)
  FW 9尾張尭映
    (→77分39丸谷拓也)
    24木透勝彦
    (→46分41花崎岳)
  監督  田村道明

 JBUS宇都宮サッカークラブ
  GK30菅原直人
  DF19青木宏樹
     7長谷川修治
    15秋山厚史
     2高橋康幸
  MF 8原裕真
    (→78分11飯田差我伊)
    17笠島正徳
     9斉藤貴行
    (→46分3岩本直)
    10五関和吉
  FW18中山健志
    22戸村圭佑
    (→79分23松島大)
  監督  笠島正徳


 2分の千葉教員。右サイドを佐藤拓馬と木透勝彦がパス交換で佐藤が抜け出す。中に折り返すと尾張尭映が飛び込んできたが、DFがクリアする。

 7分、千葉教員は前之園哲がショートコーナーを入れる。松本真平が中に入れると真ん中から若林広樹がシュート。DFに当たってゴールを外れる。

 9分の千葉教員。左サイド深くでパスをつなぎ、木透勝彦が中に折り返す。走りこんだ佐藤拓馬がシュート。千葉教員が先制。

 12分、木透勝彦が左サイドをドリブルで上がって中に折り返す。尾張尭映がスルーして佐藤拓馬がシュート、枠の上。

 19分の千葉教員。石川航平が上がってクロスを入れる。佐藤拓馬がシュートを撃つが、GKがセーブしてCKに逃げる。

 23分の千葉教員。前之園哲がドリブルで上がってシュート、GKが弾いたところを尾張尭映が詰めてゴール、2点目。
 尾張は市立柏高校から国際武道大学へ進学し、昨年まで柏FCに所属。今年9月の柏レイソルOB戦に名前がなかったのでどうしたのかな~と思っていたが、ここにいたとは…。

 26分の千葉教員。右サイドから崩して最後は木透勝彦が決めた。木透は昨年小山田FCで全国社会人サッカー選手権に出場している。

 29分、佐藤拓馬が右サイドを上がってクロスを入れる。尾張尭映がヘッドで合わせたが、ポストを直撃。

 40分、左サイドから若林広樹がクロスを入れ、佐藤拓馬が合わせてゴール、4点目。

 42分、千葉教員は前之園哲がCKを入れる。島田健司がど真ん中から頭で合わせてゴール。

 43分の千葉教員。左サイドから石川航平が中へ切れ込んでミドルシュート、6点目。石川は昨年まで松本山雅FCに在籍していたのでピンと来る方もいるかも…。

 前半は千葉教員が6点をリード、JBUSは千葉教員の多彩な攻撃陣の前に守るのに手一杯で攻撃まで手が回らず。同社に勤務している観戦仲間によると「攻めてナンボ」のチームらしいので…。


 試合は後半。
 51分、JBUSは岩本直が前線にフィード、原裕真が抜け出してシュートを撃つが枠を外した。これがJBUSは初シュート。

 55分の千葉教員。前線に入ったボールを尾張尭映が落とし、松本真平がスルーパス。花崎岳が抜け出してゴール、7点目。

 59分。JBUSは中山健志が左サイドからロングシュート、GKの頭の上を越えてゴールイン。JBUSが1点を返した。

 69分、青木宏樹が出したパスを前之園哲が鋭いダッシュでカットして前線に。花崎岳がドリブルしてペナルティエリアに入り込み中に折り返す。尾張尭映が流し込んで8点目を奪う。

 72分の千葉教員。カウンターから花崎岳がドリブル、スルーパスを尾張尭映がダイレクトで決めて9点目。
 尾張はこれでハットトリック。思えば国際武道大学にいた3年前の関東大学リーグ二部では専修大学の荒田智之(現:ジュビロ磐田)と同じレベルのFWだっただけに…。

 79分、千葉教員は丸谷拓也のクロスを佐藤拓馬が決めてついに10点目。佐藤もこれでハットトリック達成。
 当然のことながら、丸谷はサンフレッチェ広島にいたこともないし、ファジアーノ岡山にいた事もない。

 その後も攻めようとするJBUSをいなして攻め続けた千葉教員が試合を支配し、ロスタイム3分を過ぎて試合終了。
 千葉教員が圧勝で2回戦に進出。対戦相手は山梨県代表の玉穂FCを6-0で破った東京都代表の三菱養和SCに。

第44回関東社会人サッカー大会1回戦
会場:駒沢オリンピック公園総合運動場第2球技場
天候:晴
試合開始:13時00分
試合形式:90分+PK戦
主審:
観衆:100人
千葉教員SC
6 4
10
得点:佐藤×3(9分、40分、79分)、尾張×3(23分、69分、72分)、木透(26分)、島田健(42分)、石川(43分)、花崎(55分)
警告:石川(30分)、花ヶ崎(90分)
退場:なし
JBUS宇都宮SC
0 1
1
得点:中山(59分)
警告:秋山(5分)、青木(36分)
退場:なし



 駒沢第二の第3試合ではonan前橋サテライト×T.F.S.C.という興味ある対戦もあったのだが、それより大事な日本シリーズ観戦のために帰宅。
 その日本シリーズがああいう試合になるとはねえ…(苦笑)
関連記事

テーマ : 関東サッカーリーグ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。