スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治大学×国士舘大学

 第二試合は現在首位の明治大学が登場。残り3試合で2位との勝ち点差が8なので、この試合に引き分ければ優勝が決まる。
 そして対戦相手は前節までで3位の国士舘大学。前日の試合で駒澤大学が負けたため、唯一逆転優勝の目があるのが国士舘。しかし、残り3試合で国士舘が3連勝した上で明治が3連敗する必要があるのだが。


 2分、国士舘は金子昌広がCKを入れる。岩崎晃也が頭で合わせたが枠の上。

 3分、国士舘は瀬川和樹がFKを前線に入れる。松本祐樹が頭で流して吉野峻光がシュートを撃つが、GK高木駿が止めた。

 8分の国士舘。瀬川和樹が縦に入れる。岩崎晃也が抜け出してシュートを撃つも、GK高木駿が止めてCKになる。

 13分の国士舘。大竹隆人のクロスを松本祐樹が頭で合わせるもポストを直撃、さらに跳ね返りを斎藤一行がシュートを撃つも、枠の右に外れる。

 27分、国士舘は吉野峻光がドリブル、ペナルティエリアに入らんとしたところで引っかけられてFK。斎藤一行がゴール前に入れるも、GK高木駿がお手玉しつつも押える。

 42分、国士舘はCKから大久保翔がヘッド、コースは良かったが明治DFが枠内クリア、こぼれ球を佐藤優平がシュートを撃つも、高木駿が止めた。

 前半は国士舘がひたすら押していたが無得点。明治のGK高木駿がいつもながら、というべきか止めまくっていた。
 逆に明治はほとんど国士舘陣内に迫れず。前半は我慢の時間だった。


 後半に入ってからは逆に明治が攻める時間帯が続く。
 49分、田中翔大のパスから田中恵太がシュート、ゴールを越えて左へ抜ける。

 51分、三田啓貴がつっかけて倒されてFKを得る。三田自身でFKを入れるが、壁に当たってこぼれる。松岡祐介が拾って久保裕一へ渡す。久保はDFを一人かわしてシュートを撃つも、GKの正面。

 53分の明治。鹿野崇史がゴール前に入れる。久保裕一があわせてシュート、こぼれたところを山村佑樹が詰めてゴールネットを揺らしたが久保がオフサイドポジションに入っていてゴールは取り消し。

 60分の国士舘。吉野峻光が持ちこんでミドルシュート、高木駿も反応したが止めきれずにゴールへ。追いかける国士館が先制した。

 70分の明治。スローインからゴール前で混戦になる。こぼれたところを松岡祐介が蹴りこんで同点に追いつく。

 73分に国士舘は吉野峻光が2枚目の警告を受けて退場し、10人に。しかし攻めの手を打ってきて勝ち越しを狙う。しかし明治は集中していて崩せず。


 そのまま試合終了。試合は引き分けに終わったが、明治が3年ぶり3度目の優勝を決めた。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。