スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校選手権千葉県予選準決勝 八千代×市立船橋

 柏の葉での高校選手権予選の準決勝。第二試合はプリンスリーグ一部への参戦によってスーパーシードになっている八千代と市立船橋が順当に勝ち上がってきた。


 八千代高校(4-2-3-1)
  GK17小林拓矢
  DF 7中谷幸葉
     6長谷川涼太
     5小林弘岳
     4篠原諒馬
    (→76分16畠山祐介)
  MF15中村亮太
     2土佐倖太郎
    (→76分9柳ヤスタカ)
    10大和久弘樹
    11密本一樹
    (→51分18服部)
     8齋藤昂太
  FW22大塚颯樹
    (→58分13柳澤圭)
  監督  砂金伸

 市立船橋高校(4-2-3-1)
  GK 1高橋諭
  DF13小出悠太
    (→65分21君塚倫齊)
     4山野辺大樹
     5平尾優頼
    16高橋秀宜
  MF14河崎敬
     6今瀬淳也
     8石原幸治
    (→80+1分11松野央資)
    10藤橋優樹
    (→74分12本田拓也)
     7山田大貴
  FW 9水谷達也
  監督  石渡靖之


 10分の八千代。小林拓矢のロングキックを大塚颯樹が競って後方に流し、大和久弘樹が抜け出そうとするが、DF二人に挟まれて抜け出せず、クリアされる。

 13分、市立船橋は藤橋優樹が右に流れてドリブル、中央へ折り返す。土佐倖太郎が足を伸ばしてクリアするも、ゴール方向に跳んで行きヒヤッとしたが枠の上を越えてCKになる。
 このCKはDFに跳ね返されるが、こぼれ球を藤橋がシュート、枠の左に外れる。

 その後はしばらく中盤での激しいぶつかり合いが続き、ゴール前での時間帯が少なくなる。なにしろ、藤橋はユニフォームが破れて(?)、途中で着替えていたくらいだ。

 前半はそのまま終了し、スコアレスでの折り返し。


 試合は後半。
 44分、市立船橋のCK。ショートコーナーから小出悠汰が中央へ入れる。ど真ん中から山野辺大樹が合わせてゴール、市船が先制。

 51分、市立船橋は八千代陣内に入ってすぐのところでFK。ゴール前に入れてくると河崎敬が折り返して平尾優頼がシュート。ポストに当たって跳ね返ってきたところを水谷達也が押し込んで2点目。

 62分の市立船橋。左サイドから石原幸治がドリブルでペナルティエリア内に入り、DFに倒されてPKを獲得する。このPKを石原自らが決めて3点目。

 70分、八千代はFKをゴール前に入れてくる。大和久弘樹が落として齋藤昂太がシュートを撃つが枠の上。

 78分、八千代は小林拓矢が前線にボールを送る。競って流れた後方から柳澤圭がシュートを撃つが、これも枠を外れた。


 そのまま試合終了。市立船橋が磐石の試合を見せて快勝、来週の決勝へ進出した。それにしても、市立船橋と八千代はそれほど大きな差がないはずなのに毎回たいがいなスコアになるのはなぜなんだか…?


 決勝戦は流経大柏と市立船橋。既に高校版の千葉クラシコになっている同カードだが、今年は新人戦決勝、総体決勝、高円宮杯決勝トーナメント1回戦で3度対戦し、流経大柏が3連勝(高円宮杯はPK戦で決着)。果たして市立船橋が4度目の正直なるか、流経大柏が返り討ちにするか、さあどうなる?

第89回全国高校サッカー選手権大会
 千葉県大会 準決勝
会場:柏の葉公園総合競技場
天候:曇
試合開始:13時30分
試合形式:80分+延長20分+PK戦
主審:牛尾眞一郎
観衆:5,000人
八千代高校
0 0
0
得点:なし
警告:大和久(31分)
退場:なし
市立船橋高校
0 3
3
得点:山野辺(44分)、水谷(51分)、石原(62分=PK)
警告:小出(37分)、松野(80+3分)
退場:なし
関連記事

テーマ : 全国高校サッカー選手権大会
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。