スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早稲田大学×吉備国際大学

今日も朝から堺のナショナルトレーニングセンターへ。
一次リーグの最終日はまずグループAの決着戦である早稲田大学と吉備国際大学の対戦。

早稲田は初戦の尚美学園大学には0-0のドロー、2戦目は静岡産業大学には4-0の勝利、勝ち点4。

吉備国際は静岡産業に1-0、尚美学園に4-0と連勝し、勝ち点6。


序盤戦からよい攻防をするが、ともにチャンスを作るに至らず。

21分、早稲田は小野瞳が右サイドを上がってクロスを入れる。大滝麻未がトラップしてシュートを撃つが、DFが体を張ってブロックした。

25分、臼井理恵のトラップが流れたところを突いて中出ひかりがボールを奪って独走するも、シュートは枠を捉えられず。

29分、原一歩がクロスを入れる。大滝麻未がシュートするもDFに当たってCKに。
小野瞳がCKを入れると、高畑志帆が飛び込んだが枠の外。

前半はスコアレスでの折り返し。

後半もチャンスは作れずに半分の時間が流れた。

59分の早稲田。小山季絵が前線にボールを出す。正直なところ意図を持ったパスには見えなかったが吉備国際のGKとDFがお見合い。その間に大滝麻未がボールを奪ってゴールに流し込み、早稲田が先制。

61分の吉備国際。ボールを受けた高橋千帆がゴールを破るがオフサイドの判定。

その後は吉備国際が攻めに出るも、早稲田は落ち着いた対応で凌ぎ、そのままタイムアップ。
早稲田が逆転で準決勝に進出した。

ちなみに次ラウンド進出はなくなっていたもう一試合、尚美学園大学×静岡産業大学は8-0で尚美学園が圧勝、嬉しい全国初勝利を飾った。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。