スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪南大学×同志社大学

堺のインカレは2試合で終了。住之江公園でバスを乗り継いで長居第二へ。関西学生リーグの最終戦にギリギリ間に合った。

最終戦は前期1位で既に優勝を決めた阪南大学と、前期2位ながら後期に順位を落として4位の同志社大学の対戦。


18分の同志社。辻智人のクロスに荒堀謙次がシュートを撃つが、ゴールの右。

20分、同志社のFK。徳丸敬紘のFKはDFが弾いたが、クリアを川野晃生が狙う。GK原田直樹がキャッチ。
26分の同志社。林佳祐が辻智人とのワンツーで抜け出す。林はラストパスを松田純也に出すが、松田はシュートを撃てず。

30分、同志社は松田純也が独走してシュートを撃つも、GK原田直樹にぶつけてしまう。こぼれ球を辻智人が拾ってもう一度松田に通すも、松田はまたも原田に止められた。

37分の阪南。窪田良が左へ振り、安川有へ。安川は前線に送るも、棚橋雄介はDFに寄せられてキープもできず。

前半はスコアレスでの折り返し。しかし、同志社がことごとくチャンスを潰していたが…。


試合は後半に。
62分、同志社は東矢尚仁がCKを入れる。早坂賢太が合わせたが枠の上。

62分の阪南。スルーパスに棚橋雄介が抜け出してシュートを撃つもGK堀之内が止める。

79分、中村雄大が三浦にチェックを入れ、三浦は堀之内にパスを戻す。このパスを棚橋雄介がカット、出てきたGKの届かない所にコントロールしてシュートをするも、ゴールに嫌われた。

93分の同志社。市川のミドルシュートはバーを直撃、辻智人が詰めていたがGK原田直樹の胸の中。

94分の阪南。井上翔大からのパスで棚橋雄介が独走、GKと1対1になってシュートを撃つも、GK堀之内が止めた。


そのまま試合終了、最終戦は両GKが活躍してスコアレスドローに持ち込んだ。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。