スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国地域リーグ決勝大会決勝ラウンド第3節 Y.S.C.C.×AC長野パルセイロ

 全国地域リーグ決勝大会の最終日。
 この日も自転車できーこきこ。結果的にはそれで万々歳だったけどな。

 第一試合はYSCCとAC長野パルセイロの対戦。YSCCは90分で勝って初めて入替戦への道ができる状態、逆に長野は3位以上は既に確定している状態だった。


 第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会
  決勝ラウンド 第3節

NPO横浜スポーツ&
カルチャークラブ

(関東第1代表/Aグループ1位)
 0-0 
 3PK1 
AC長野パルセイロ
(北信越代表/Cグループ2位)
PK戦
長野10-止5-○9-外2-弾
YSCC5-○24-○4-○
会場:市原市緑地公園臨海競技場
天候:晴
試合開始:10時45分
試合形式:90分+PK戦
主審:福島孝一郎
観衆:1,538人
<得点>
 Y 長
 なし

<警告>
 52分 YSCC 鈴鹿源太郎
 82分 YSCC 伊吹丈児
<退場>
 なし
Y.S.C.C.
AC長野パルセイロ
GK 1浜村大樹
DF13寺田洋介
  (→86分24谷津寛治)
   5鈴木陽平
   4松田康佑
  22鈴鹿源太郎
MF23須原明康
  25小澤光
  (→68分10石川健太)
  30平間直道
   7中村竜也
FW31青田翔
   9福井和基
  (→74分14伊吹丈児)
GK 1諏訪雄大
  (→90+2分22海野剛)
DF20野澤健一
   2籾谷真弘
   3大島嵩弘
  14高野耕平
  (→40分7土橋宏由樹)
MF 9佐藤大典
   5大橋良隆
   8麻生瞬
  16栗原明洋
  (→79分11要田勇一)
FW13藤田信
  10宇野沢祐次
システム:4-4-2システム:4-4-2
監督:三宅大輔監督:薩川了洋
 で、YSCCは前節とはガラッとメンバーが入れ替わったが、このメンバーは関東リーグを席巻したコンビが…。


 3分のYSCC。左サイドから福井和基が中にドリブルで入ってくる。平間直道に預けて平間はワンタッチで縦にスルーパスを出す。福井が抜け出すもその前に諏訪雄大が飛び出してボールを押える。

 7分、YSCCは須原明康がスローインを入れる。寺田洋介がゴール前に入れ、青田翔がバックヘッドで合わせたが、枠の外。

 10分の長野。ロングボールの跳ね返りを拾った佐藤大典がドリブルでゴール前に。そのままシュートを撃つも、DFにこぼれて佐藤の前に。もう一度シュートも枠を横切る。

 12分、佐藤大典が右サイドから中に入ってきたところで倒されてFKを獲得。麻生瞬が直接ゴールを狙うも、わずかに届かず。

 13分、YSCCは右サイドから須原明康がクロスを入れる。奥から中村竜也が入り込んできていたが、大島嵩弘が触ってCKになる。
 中村竜也がゴール前にCKを入れ、青田翔が合わせるも、枠の外に流れる。

 19分、YSCCは須原明康が大きくサイドチェンジ。中村竜也が受けてドリブルで中を窺ったところで引っかけられてFKを得る。
 中村自らが直接FKを狙うも、バーをかすめてゴールの上に抜けていった。

 25分のYSCC。須原明康が前線に入れる。青田翔はヒールで前線に出してDFを振り切り、自ら抜け出してシュートを撃つが、GKの正面。

 38分のYSCC。中盤でのパス回しから小澤光が前線に入れる。青田翔がトラップしてシュートを撃つも、GK諏訪雄大がブロックする。こぼれ球を福井和基が拾ってシュートするも、ゴールの上に飛んでいった。

 46分のYSCC。中村竜也が中に入れたボールを青田翔がシュート。ゴールの右。

 前半はスコアレスも、YSCCの攻撃が目立った。長野はやや受身に立っていて、押し込まれていた。


 試合は後半。
 54分の長野。右から佐藤大典がドリブルで上がってクロスを入れる。ファーサイドで藤田信が落として宇野沢祐次がシュート。GKが出ていてゴールは空だったが、戻っていた松田康佑が顔面クリア!今年は主に1トップで活躍していたが、本来のポジションで大きな仕事をした。

 59分のYSCC。浮いたボールを青田翔が落として小澤光がドリブルで前進。右にはたいて須原明康がシュート、GKがセーブ。

 64分、小澤光が敵陣でボールを奪い、フォローした中村竜也がパスを受けてシュート。GKの正面。

 76分の長野。宇野沢祐次が最終ラインの前からミドルシュート、GKが触ってCKになる。

 78分、長野のCKを跳ね返し、その後のクロスをブロックしてYSCCがカウンター。青田翔が粘って、右を走る伊吹丈児にパス。野澤健一がタックルを入れて止め、伊吹はシュートを撃てず。

 87分、YSCCは中村竜也がCKを入れる。諏訪雄大がパンチングでクリアしたが小さく、須原明康がシュート。しかしゴールを固めていたDFに手前でクリアされた。

 91分、YSCCはCKを獲得。GKの浜村大樹もゴール前に攻め込んできた。
 中村竜也のCKはその浜村大樹を狙ってきたがその前のDFに弾かれ、ゴールに向かったがクリアされた。


 YSCCが攻め続けていたが、結局ゴールは割れずにスコアレスで前後半が終了。この時点でYSCCの4位、関東リーグ残留と長野のJFL昇格が決定した。
 しかし大会規定上PK戦は行わなければならないわけで、PK戦に突入。先攻は長野。
 一人目。宇野沢祐次は右に蹴って止められた。鈴木陽平は左下に蹴って成功。
 二人目。大橋良隆、谷津寛治ともに成功。
 三人目。佐藤大典は左に蹴って枠を外す。松田康佑は左に蹴って成功。
 四人目。籾谷真弘は左に蹴ってポストに弾かれる。
 試合としてはYSCCが勝利したが、喜びに包まれたのは長野のほうであった。
 しかも試合後には信濃毎日新聞は号外を出したし…。

 しかし、PK戦要員で出ていていた長野の運野剛、一次ラウンド、二次ラウンドの3回のPK戦で一本も止めてないのだが…。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。