スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校選手権準決勝 立正大淞南×滝川第二

 国立は第二試合。前の試合のインタビューが終わってすぐに学校の紹介映像が入って「早や!」と思ったけど、これだけの攻守の切り替えができれば…。


 第89回全国高校サッカー選手権大会 準決勝

立正大学淞南高校
(島根県代表)
 0-0 
 6PK7 
滝川第二高校
(兵庫県代表)
PK戦
滝川二10-○14-○15-○7-○4-止19-○13-弾3-○2-○
淞南14-○13-○17-○19-外5-○4-○10-止11-○3-外
会場:国立霞ヶ丘競技場
天候:晴
試合開始:14時25分
試合形式:90分+PK戦
主審:吉田哲朗
観衆:20,221人
<得点>
 淞 滝
 なし

<警告>
 27分 立正大淞南 小田悠太
 51分 立正大淞南 加藤大樹
 71分 立正大淞南 竹内洸
 79分 滝川第二  香川勇気
<退場>
 なし
立正大淞南高
滝川第二高
GK20三山大輝
DF 3椎屋翼
   5中村謙吾
   4竹内洸
   6中村宏輝
MF10稲葉修土
  17加藤大樹
  13徳永裕次
  19小田悠太
FW16新里大地
  (→52分11福島孝男)
  14池田拓生

GK 1下出晃輔
DF14濱田量也
   4土師直大
   3高原真峰
   2島秀行
MF 9本城信晴
  15香川勇気
   7谷口智紀
  16恵龍太郎
  (→84分13白岩涼)
FW11浜口孝太
  (→80分17常峰雅文)
  10樋口寛規
システム:4-1-3-2システム:4-4-2
監督:南健司監督:栫裕保
 立正大淞南はプリンスリーグ中国で3位、総体ベスト8、全日本ユースでも決勝トーナメントに進出しており、今季の実績は全国でも最上級になる。その点では滝川第二も同様で、プリンスリーグ関西で4位、総体準優勝、全日本ユース出場、と実績を残している。流経大柏もそうなので、今大会は地域以上で実績を残した学校が順当に上がってきた、といえるのかな…。

 18分の滝川第二。縦に入ったボールを香川勇気がシュート、GK三山大輝が止めた。

 38分の滝川第二。浜口孝太が左サイドに流れてボールを受け、中央にクロスを入れる。樋口寛規が頭で合わせたが、これもGK三山大輝がはじき出した。

 前半はスコアレスで折り返す。しかしながら滝川第二が攻め続けたものの、GK三山大輝がよく止めていた。


 後半に入っても滝川第二が攻めている。
 しかし、52分に立正大淞南がここまで得点ランク1位の加藤大樹を前線に上げてきてから流れが変わった。
 53分には徳永裕次からのパスを受けてシュートも、DFに当たる

 67分の立正大淞南。加藤大樹が右にはたいて、池田拓生へ。池田は縦にドリブルをしてから中に折り返す。小田悠太が合わせたが枠を外した。

 77分の滝川第二。浜口孝太が左サイドをドリブルで上がる。真ん中に入れて樋口貴寛がシュート。しかしこれもGK三山大輝がはじき出す。

 79分、滝川第二は立正大淞南のセットプレーからカウンターが発動する。樋口貴寛が前に運んで浜口孝太へ。浜口がゴール前に入れて恵龍太郎が飛び込んできたが、福島孝男がその前でクリアした。

 88分、立正大淞南は池田拓生のスルーパスに加藤大樹が飛び出し、飛び出したGKを一発でかわして完全なフリーになる。しかしワンタッチでシュートしてシュートはわずかに枠の外…。
 う~ん、確かにもったいなかったしかなり決定的なプレイではあった。現場でもネットでも「“バウベル”でよかったんじゃね?」とは出たけども、とりあえずこの大会での加藤はあういう決断の速さが一つの持ち味だったから…。


 そのままスコアレスで試合終了、この試合もPK戦に。先攻は滝川第二。
 一人目。樋口貴寛は成功。池田拓生はバーに当てて失敗、かと思いきやGK下出晃輔が前に踏み込んでいたのでやり直しに。やり直しはきっちりと右に決めて成功。
 二人目。濱田量也、徳永裕次ともに成功。
 三人目。香川勇気、加藤大樹ともに成功。
 四人目。谷口智紀は成功、小田悠太は枠の上に大きく飛ばして失敗。
 五人目。土師直大はGK三山大輝に止められて失敗、中村謙吾は成功。これで4-4となり、以下はサドンデスに。
 六人目。本城信晴、竹内洸ともに成功。
 七人目。白岩涼はポストに当て、稲葉修土はGK下出晃輔に止められ、ともに失敗。
 八人目。高原真峰、福島孝男ともに成功。
 九人目。島秀行は止められて失敗するも、今度はGK三山大輝が一歩前に踏み込んでいてやり直しに。やり直しはきっちりと成功させた。椎屋翼はわずかにゴールの外。
 滝川第二が何とか勝ち上がり、決勝へ進出。


 これで決勝は久御山との関西対決になった。なんでも決勝戦での関西対決は1938年度以来、72年ぶりだそうな。これも長い歴史を持っているからのことであって…。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。