スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習試合 FC東京×横河武蔵野FC

 3月11日の東日本大震災から二週間、この間は日本のサッカーは完全に止まっていたが、徐々に動き出そうという頃になってきた。そんな中で味の素スタジアムではFC東京と横河武蔵野FCの練習試合が組まれていた。この試合は強化と共に震災復興支援チャリティーの面もあり、募金とチャリティーオークションで1000万円を越える金額を集めた。
 ただ、それとは関係なく(?)集まった観客は9,000人以上。みんなサッカーに飢えていたんですな~。



 FC東京(4-4-2)
  GK 1塩田仁史
    (→46分21廣永遼太郎)
  DF33椋原健太
    (→67分35下田光平)
     4高橋秀人
    (→67分37橋本拳人)
     3森重真人
    26阿部巧
  MF22羽生直剛
    (→46分14中村北斗)
    19大竹洋平
    10梶山陽平
    (→57分24柳楽智和)
    39谷澤達也
    (→67分27田邉草民)
  FW13平山相太
    11鈴木達也
    (→61分32上里一将)
  監督  大熊清

 横河武蔵野FC(4-4-2)
  GK 1飯塚渉
    (→46分31藤吉皆二朗)
  DF 5鹿野崇史
    (→35分17勝野洋平)
    (→61分34花本剛泰)
     4瀬田達弘
    (→35分3熊谷寛)
    (→61分32林真人)
    28金守貴紀
    (→35分6遠藤真仁)
     2小山大樹
    (→61分23浅川智)
  MF27林俊介
    (→17分20都丸昌弘)
    (→61分18小野祐輔)
     8桜井直哉
    (→46分13常盤亮介)
    26岩田啓佑
    (→31分25平岩宗)
    10高松健太郎
    (→35分15長沼圭一)
    (→61分30薗部良)
  FW11関野達也
    (→35分16山下真太郎)
    (→61分14加藤正樹)
     9小林陽介
    (→35分22永露大輔)
    (→61分19野木健司)
  監督  依田博樹

 とはいうものの、放送は入るは、主審が西村雄一だわで、どう考えてもただの練習試合ではないわな(笑)。


 まずは前半。両チームのGKは流経大の先輩後輩にあたり、さらに東京の2トップは筑波大の04年2トップ(笑)。ってことは・・・筑波が流経をズタボロにした04年第2節を嫌でも想起するわけで(爆)。

 12分の武蔵野。右サイドを林俊介が突破し、ゴールライン手前でマイナスに折り返す。高松健太郎が受けたところで高橋秀人がタックルするも高松の足にかかり倒れる。これを見たレフェリーは即座にPKスポットを指す。
 このPKを関野達也が決め、横河武蔵野が先制。

 18分の武蔵野。鹿野崇史が前線にボールを入れる。小林陽介がダイレクトでシュートを撃つ。やや変則的な軌道を描いたが、塩田仁史が何とか止める。

 20分の東京。右サイドでのFKを椋原健太が素早く始める。大竹洋平がミドルシュートを撃ってくる。スライディングでブロックしたDFに当たって流れ、CKになる。
 鈴木達也がCKを入れるが、DFにクリアされる。こぼれ球を拾った大竹洋平がミドルシュートを撃つが、GK飯塚渉が弾いてもう一度CK。
 今度は大竹洋平がCKを入れると、ど真ん中から平山相太が頭で合わせてゴール、同点に追いつく。

 25分の東京。左から入ったクロスに平山相太が頭で合わせるがバーを直撃。谷澤達也が詰めるもこれもバーを直撃。

 40分、武蔵野のDFが自陣でボールを回しているところを奪い、最後は梶山陽平がドリブルでGKをもかわしてゴール。武蔵野にとっては決してやってはいけないミス。

 44分の東京。パスを回して中央突破、最後は鈴木達也が流し込み、3点目。

 45分。東京は谷澤達也が右サイドをドリブルで上がってクロスを入れる。ファーで平山相太が合わせて4点目。

 ここで前半が終了。飯塚は結局7年前と同じだけ点を取られた(爆)。


 試合は後半に。ここで両チームともキーパーとフィールドプレーヤー一人ずつ交代。というわけで今度は両GKが下部組織出身者に。

 54分、横河武蔵野は永露大輔が左サイドをドリブルで持っていってロングシュート。GK廣永遼太郎が弾いたところを都丸昌弘が押し込み、1点を返す。

 61分の東京。右からのクロスに中村北斗がシュート、DFにブロックされたこぼれ球を谷澤達也がさらにシュート。これもブロックされるが、平山相太が押し込んでゴール。

 72分の東京。横河ペナルティエリアの中で大竹洋平がプレス、こぼれたところを田邉草民が拾ってマイナスにパス、平山相太が流し込んで6点目をあげる。

 87分の東京。右サイドを抜け出した田邉草民がゴール前に折り返す。中村北斗が流し込んで7点目。

 91分、東京はゴール正面24~5メートルのところでFK。大竹洋平が直接沈めて8点目。
 そのままタイムアップ。勝負は…というより、今日は選手、観客、そして避難してきている方々のガス抜き、というところがあったんだろうな。このあと4週間、もう一回溜め込んで再開の時にはもう一度・・・。

練習試合
会場:味の素スタジアム
天候:晴のち曇
試合開始:13時04分
試合形式:45分×2本
主審:西村雄一
観衆:9,236人
FC東京
4 4
8
得点:、平山4(21分、45分、61分、72分)、梶山(40分)、鈴木(44分)、中村(87分)、大竹(90+1分=FK)
警告:なし
退場:なし
横河武蔵野FC
1 1
2
得点:関野(13分=PK)、都丸(54分)
警告:桜井(15分)、都丸(58分)、勝野(59分)
退場:なし
関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

tag : 震災復興 味の素スタジアム

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。