スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埼玉県南部選手権1回戦 北浦和SC×NS SAITAMA

 2010年の元日決戦、要するに天皇杯への道は埼玉県では年が明けるとすぐに始まりまして、さいたま市・川口市・桶川市・上尾市・戸田市・蕨市の南部地域は先週の日曜と今日で第1戦を迎える。

 さて、浦和の駒場運動公園で浦和レッズが試合を行う際に、サポーターの待機場所になっている多目的広場でも試合は行われていて、今日は4試合が組まれていた。そのうち、12時からの第3試合を見るつもりで駒場に向かったら…試合開始予定時刻の12時になっても試合は終わっておらず。第一試合がPK戦まで行ったので、そのせいで試合が遅れていたんですな。
 ちなみに、第2試合はRSF×戸田JSC。残り10分を見ていたが、2点ビハインドの戸田JSCが猛攻を繰り返していたが、PKを止められたり、どフリーを外したりでチャンスを逃し続けて1点も返せず敗戦。昨年の代表があっさり姿を消す大波乱となった。
 その直後に第3試合が始まった。


  彩の国カップ
 第12回埼玉県南部地区サッカー選手権大会 1回戦

北浦和SC 2-4 NS.SAITAMA
会場:さいたま市浦和駒場運動公園サブグラウンド
天候:晴
試合開始:12時17分
試合形式:70分+延長20分+PK戦
<得点>
 北 N
 0-1 21分 NS #25
 0-2 40分 NS #21

 (以下不明)
<警告>
 10分 NS #14
 37分 NS #25
<退場>
 なし
 序盤は北浦和が変幻自在のポジション取りで幻惑し攻めていた。いや、むしろポジションの概念がない、というかなんというか。しかし決定的なチャンスを外してリズムには乗れず。

 ここまではあまり攻められなかったNSだが、次第にサイドから攻めて行き、21分に左からクロスを入れると、#25がトラップで相手のDFをかわしてシュート、ゴールが決まって先制、これでNSは調子に乗った。


 後半早々、NS左サイドから崩し、最後はフリーになった#21が2点目をあげて優位に立つ。


 次の試合を見るために後半半ばでスタジアムに移動したが、その後2点ずつを取り合ったようで、最終的なスコアは4-2でNS.SAITAMAが勝って2回戦に進出。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。