スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FCサンシン 4-1 富士見FC

天皇杯埼玉県予選は地域別予選と県リーグ予選が別になっている。前に地域予選は見たので今度は県リーグ予選を。まあ、埼玉第4は未観戦だし。

試合開始予定時刻の数分前に着いたが、前の試合が押していて一瞬場所が違ってたのかと思った。しかし、試合開始予定の16時に終わり、予定の試合が12分遅れて始まった。


前半は風上に立ったFCサンシンが攻める展開。22分に右サイドからの#11のクロスをファーで#28がシュートし、サンシンが先制。

その直後に富士見FCは右サイドを#11が突破、中へ折り返して#15がシュートを打とうとしたところで倒されてPKに。このPKを#28が決めて同点に。

その後しばらくは富士見にもチャンスはあったが基本的にはサンシンペースで流れ、36分に#5のFKを28が合わせてサンシンが再度リード。


後半はサイドが逆になるので富士見に有利に働くと見てたが、サンシンペースは変わらず。
サイドをドリブルで走ったりグラウンダーのスルーパスでDFのウラを突いたりして走力を活かすスタイルに。
75分にスルーパスに#20が抜け出して3点目をあげると、81分にはゴール前で富士見DFを翻弄、#19がエンプティゴールをあげて4点目。


サッカーの質の違いを見せたサンシンが3回戦に進んだ。


今日は一日中風が強く、まともにサッカーができる状況ではなかった。後半30分過ぎに風が収まったと思ったら気温が急速に下がったので、次の試合を見ずに撤収。次は川越全酪FC×浦和レッズアマチュアというなかなかなカードだったのだが…。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。