スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇杯2回戦 浦和レッズ×浦安SC

 J1・J2が登場する天皇杯2回戦。
 行きたいところはいくつかあったが(天皇杯じゃないが…)、結局は一番所要時間のかからない駒場へ。
 バスの渋滞もあって試合開始直前に到着したが、JFA後援会で引き渡されたチケットはホーム用で、アウェー側には入れず。まあ、アウェー側自由席はおろか、メインのSA指定席まで浦安SCのスクール生でガッツリ占められていたんで、こりゃ無理だ、ではあったけどな(笑)。ここまでの“団体力”を浦和相手に見せつけたのってなかなかないと思うぞ。


 第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会 

浦和レッドダイヤモンズ 8-2 浦安サッカークラブ
会場:さいたま市駒場運動公園競技場浦和駒場スタジアム
天候:曇
試合開始:18時04分
試合形式:90分+延長30分+PK戦
主審:家本政明
観衆:7,275人
<得点>
 和 安
 1-0 11分  浦和 阿部勇樹
 1-1 37分  浦安 上松瑛
 2-1 41分  浦和 興梠慎三
 3-1 45+1分 浦和 宇賀神友弥
 4-1 52分  浦和 梅崎司
 5-1 58分  浦和 森脇良太
 6-1 77分  浦和 興梠慎三
 7-1 83分  浦和 鈴木啓太
 8-1 90+1分 浦和 関根貴大
 8-2 90+3分 浦安 清水康也

<警告>
 31分 浦和 興梠慎三
 68分 浦安 富塚隼
 73分 浦安 岩永雄太
<退場>
 なし
浦和レッズ
浦安SC
GK21西川周作
DF46森脇良太
   4那須大亮
   5槙野智章
  (→76分17永田充)
MF 7梅崎司
  (→61分26関根貴大)
  16青木拓矢
  (→63分13鈴木啓太)
  22阿部勇樹
   3宇賀神友弥
   8柏木陽介
  20李忠成
FW30興梠慎三
GK30永井文也
DF 7秋葉勇志
   2西郡巧
  (→74分18坂谷武春)
   3笠松亮太
   6山崎紘吉
MF14上松瑛
  (→64分8富塚隼)
  17矢部雅明
   5村田翔
  10清水康也
FW 9田中俊哉
  19竹中公基
  (→64分11岩永雄太)
システム:3-4-2-1システム:4-4-2
監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ監督:齋藤芳行
 開始早々の55秒、浦安は上松瑛が右サイドを抜け出して折り返す。ファーから清水康也が走りこんでシュートを撃つも、ゴールの左へ外れる。
 これで浦和がピシッとした、というか…この後は浦和が攻める展開に。

 11分の浦和。柏木陽介のCKにファーから阿部勇樹が頭で叩きつけて先制点。いやー『たたきつけるヘディング』のお手本というか…綺麗でした。

 21分の浦和。左サイドを興梠慎三が上がってゴール前に折り返す。柏木陽介を経由して梅崎司がシュート。ゴールの上。

 27分の浦和。ゴール前にドリブルで持ちこんだ李忠成が秋葉勇志に倒される。これはどうかな…と思ったがノーファウル。

 37分の浦安。左サイドから山崎紘吉がクロスを上げる。ファーから上松瑛が飛びこみ、右足を伸ばす。ボールが脛に当たったかで、GKの頭上をワンバウンドして抜いてゴールに吸い込まれ、同点に追いつく。

 41分の浦和。左サイドを抜け出した李忠成の折り返しを興梠慎三が冷静なトラップからのシュート。スペースがないように見えたが、笠松亮太の股間を抜いてゴールに飛び込んだ。なんというか…一流の技術を見た気分。

 46分の浦和。右サイドの梅崎司が斜めにボールを入れる。スルーとスクリーンで道を作り、反対側から走りこんだ宇賀神友弥がダイレクトで合わせた。

 浦安が一度は同点に追いついたものの、浦和の技術にはさすが、と唸らずにはいられないな…。


 試合は後半へ。
 52分の浦和。柏木陽介からのFKがクリアされたこぼれ球を梅崎司がダイレクトで蹴りこみ、。

 57分の浦安。秋葉勇志からのクロスに田中俊哉が頭で合わせたが枠の外。

 58分の浦和。センターサークル付近から森脇良太が地を這うロングシュート。GKの目前でワンバウンドしてゴールイン。
 しかし、ああいうゴールを決めても先にブーイングが出る森脇ってどんな人徳やねん。

 67分の浦和。関根貴大が右サイドを突破し、折り返しを入れる。柏木陽介が落として李忠成がシュートを撃つも、ゴールの外。

 75分の浦安。山崎紘吉のクロスを富塚隼が落として、田中俊哉がシュートを撃ったがゴール左。

 77分の浦和。左サイドを李忠成が突破して折り返し。柏木陽介がシュートを撃てずにこぼれたところを興梠慎三がフォローして詰めた。

 83分の浦和。浦安ペナルティエリアギリギリに流れたボールを鈴木啓太が追って、そのままダイレクトでループシュート。うまく落ちてゴールに吸い込まれた。

 91分の浦和。李忠成がオーバーヘッドで前線に出したパスに関根貴大が反応して抜け出す。ゴール前までドリブルでもっていってシュート、GKにブロックされたが跳ね返りを自ら押しこんだ。

 93分の浦安。村田翔が入れたCKに清水康也が飛びこみ、GKの目前で頭で合わせた。現地では音から判断して西川周作のパンチミスに聞こえたが、清水が本当にわずか先で触っていたね。

 ほどなく試合終了。浦和が休み明けだった分、浦安でも互角にやれていた部分もあったが、相手ゴール前での体さばきやチームとしてのボールの活かし方に差があったかな…と。

 浦和の3回戦は栃木SCをPK戦で下したザスパクサツ群馬と対戦。
関連記事

テーマ : 天皇杯全日本選手権
ジャンル : スポーツ

tag : 天皇杯 浦和レッズ 浦安SC

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。