スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『太陽からプランチャ』

 30日(正確には29日の深夜)に、新宿はバルト9で『太陽からプランチャ』という映画を見てきました。
  映画オフィシャルページ
 正直なところ、上映期日と時間の関係で人に勧めるのをためらう映画なのですが…(大汗)、東京以外の会場はそんなに酷い時間設定にはならないと思ってます。


 映画の内容というのは
 夢であったカメラマンになった主人公だが、仕事に追われてやりたいことをできずにいた、というか心の奥底に封印していた。ところがふとしたきっかけから『夢を諦めていない』人々に次々遭遇(いや遭遇じゃない人も若干名いるけど)し、改めて自分のやりたいこと、というのを再確認していく、というもの。
 そして、その『夢を諦めていない』人々にも障害や葛藤がいろいろあって・・・。

という感じかな。 本当のストーリーはこちら

 で、この『夢を諦めていない』人々というのが女子プロレスと地下アイドルで、それぞれいろいろ事情があっても夢を諦めていない女の子が第2のストーリー。
 このプロレスラーというところに女子プロレス団体のアイスリボンが全面協力してまして(製作にかかわっている会社の一つがアイスリボンの親会社なんだが)、その中で練習や試合のシーンがあります。
 試合のシーンは公開収録だったので、普通にお客さんを入れて収録したんですね。その中で、試合の段取りを打合せする、というシーンにも遇いまして(もちろんカメラ回してないところですよ)、それこそよくプロレスを揶揄するのに使われる『プロレスには台本があって、勝敗は決まってるんでしょ』を地でゆく状態。それでも、それでも試合のシーンは本当の試合と変わらない高品質でして、さらに普通に客席からは見えないアングルの画もあったりするのでイヤーこれは、な発見も。
 んで、映画の中にどっかで見たような顔も一部あるが気にするな、ってことですよ(笑)
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。