スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国体レスリング フリースタイル

 国体、国民体育大会はまあ言ってみれば国内版のオリンピック。であるならば普段見てるサッカーだけでなく色々見に行かな損、というわけでレスリングの観戦に。実はちょっと狙っていたんだけどね(笑)

 今回の国体でのレスリング競技は4日から7日までの4日間開催。前2日がフリースタイルで、4日に1回戦・2回戦、5日に準決勝・準決勝・決勝。後ろ2日がグレコローマン、6日に1回戦・2回戦、7日に準々決勝以降、というスケジュール。ちなみに女子はない、ゆえに『霊長類最強女子』にして日本国国民栄誉賞保持者の吉田沙保里は出場できない。


 会場の文京区スポーツセンターに着いた時間が昼過ぎだったため、見られたのは決勝戦のみ。ここから何試合かを対戦者のキャラに絞って見てみようと思う。

 少年50kg級(少年は高校生)は三重県代表、いなべ総合学園高の成國大志が優勝。母は世界選手権に優勝したことがあり、息吹でプロレスもしたことがある成國晶子。

 成年74kg級では、ロンドン五輪出場、この前の世界選手権にも出た高谷惣亮(京都府代表・ALSOK)を山中良一(愛知県代表・日本体育大学)が転がしてテクニカルフォールを奪うと満員の客席から大歓声が上がる。

 成年96kg級は岐阜県代表・ブシロードの山口剛が北海道代表・日本大学の山本康稀を寄せ付けない圧勝。開始1分で10ポイントを奪ってテクニカルフォールを決める様を見た他県の選手が「ありえない…」と漏らしていた。
 ちなみに、山口が所属するブシロードレスリングクラブの監督は新日本プロレスの永田裕志選手。また、山本が幼い頃に所属していたレスリングクラブの先輩には新日本プロレスの平澤光秀がいる、という。ただ、平澤の化身であるキャプテン・ニュージャパンは山本のことを知らないようだが。

 少年120kg級は埼玉県代表・花咲徳栄高の山本泰丈と静岡県代表・飛龍高の山本泰輝の対戦。山本泰輝がテクニカルフォール勝ちを収めて優勝。山本泰輝は元々96kg級の選手だが、同級の園田平(滋賀県代表・日野高)になかなか勝てないため、今回階級を上げて臨んだそうな。山本輝が対戦を避けた園田は少年96Kg級できっちり優勝している。
 なお、山本泰丈は山本康稀の弟。現在は一家で東京に出てきている、と東京女子プロレス代表の甲田哲也氏が過去に語っていた(笑)。



 明日はどこへ行って何を見ようかねぇ(笑)。
関連記事

テーマ : レスリング
ジャンル : スポーツ

tag : 国民体育大会 レスリング フリースタイル

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。