スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JFL第1節 流通経済大学×V・ファーレン長崎

 JFLの開幕戦は成田へ。昨年6位の流通経済大学がJFL新加入・Jリーグ準会員のV・ファーレン長崎を迎えた。
 しかし、流経大はホームスタジアムのたつのこフィールドが使えないからって、なんで成田なんだろ…。もっと近い柏の葉がある、というのに。

 その成田は結構な入り。あれだけ入ったのは柏と国士舘でやった天皇杯予選以来では?その柏のサポの姿もチョコチョコと。やはり佐藤由紀彦がお目当てだったか。しかし佐藤はベンチに入ってはいたが、出場機会はなかった。


 第11回日本フットボールリーグ 前期第1節

流通経済大学 0-0 V・ファーレン長崎
会場:成田市中台運動公園陸上競技場
天候:晴
試合開始:13時02分
主審:藤田稔人
観衆:518人
<得点>
 流 長
 なし

<警告>
 06分 長崎  隅田航
 28分 流経大 船山貴之
 60分 流経大 古西祥
 90分 長崎  隅田航
<退場>
 90分 長崎 隅田航(警告2枚)
流通経済大
V・ファーレン長崎
GK21増田卓也
DF23高野修
  32乾大知
   4及川準
  16古西祥
  (→63分13葛島崇繕)
MF 2石川大徳
  14関戸健二
  (→88分34佐藤隼平)
   8千明聖典
   6宇賀神友弥
FW 9船山貴之
  12石戸浩士
  (→69分25長沢亮太)
GK 1近藤健一
DF 3立石飛鳥
  (→43分6神崎大輔)
   8久留貴昭
   4加藤寿一
  20隅田航
MF29山城純也
  14原田武男
  10川崎元気
  (→88分25阿部博一)
  22田上渉
FW13有光亮太
  23福嶋洋
  (→57分9宮尾勇輝)
システム:4-4-2システム:4-4-2
総監督:中野雄二監督:東川昌典

流経大×長崎 002.jpg 流経大×長崎 008.jpg
 流経大は3人を大学選抜の遠征で、他にも数人の選手を欠きつつも、速いプレスと切り替えで長崎を圧倒し、前半はほぼ一方的に試合を支配した。特にサイドからの攻めは強烈で、左の宇賀神友弥は何度も何度も縦に突破、相対した立石飛鳥を前半のうちに消すことに成功した。
 しかし、最終的にゴールに迫るラストパスが通らず、決定的場面は少なかった。

 長崎は中盤でのポゼッションサッカーを指向するも、流経大の速いプレスに中盤で潰され、前線の福嶋洋、有光亮太までボールを渡せず。あまりに押されていたからサポーターからは「シュート打て!」と歌われていたが、それ以前の状態。


 後半になると長崎は前線に早めにボールを当てる方向に転換。これが功を奏して互角の戦いをするようになる。
 59分、長崎は有光がドリブル突破、ペナルティエリアの中で古西祥に倒されてPKを獲得。しかしこのPKは原田武男が左に外し、スコアレスは続く。
 さらに長崎は77分、82分に有光が抜け出してGKと1対1になる大チャンスがあったが、どちらも流経大GK増田卓也がブロック。

 後半の流経大は長崎の反抗でやや押し込まれ気味だったが、それでも何度かチャンスを作る。しかしゴール前でもたつくところがあり、こちらもゴールを割れず。

 ロスタイムに入ったところで宇賀神を倒した隅田航が2度目の警告で退場したが、時間もなく大勢に影響はなく、そのままスコアレスドロー。


 どうやら流経大は今年も上位で安定しそうだ。主力が複数人抜けている状態でも元Jの選手を揃えた相手にこれだけやれているのだから、これで大学選抜に行っている比嘉祐介と山村和也が最終ラインに納まって、金久保順辺りが戻ってくれば…GKは林彰洋でも増田でもどっちでもいいし。下手すると二兎どころか三兎も取ってしまいそう?
関連記事

テーマ : JFL
ジャンル : スポーツ

tag : JFL 流通経済大学 V・ファーレン長崎 成田

コメントの投稿

非公開コメント

流経大3チーム天皇杯出場

総理杯優勝で流経大一軍、JFLシードで流経大二軍、茨城県代表で三軍のクラブドラゴンズ。

今年起こるとは保証出来ませんが、あながち近い将来起こらない事態とは限らないのではないでしょうか?
ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。