スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ヴェルディ 4-2 大津高校

福岡は宗像市にあるグローバルアリーナで行われているサニックス杯へ。
この大会は春の高校フェスティバルのうち、もっとも国際色豊かなもの。今年は韓国からチャンフン高校、タイからスワンクラブ・ウィタヤライ高校、U-17ニュージーランド代表が参加、さらにU-17日本代表に、国内各地から12チーム、計16チームによって争われている。

大会は19日から始まり、19日と20日は予選リーグ。今日と明日で順位決定トーナメントとなっている。

まずはメイン球技場のグローバルスタジアムで上位トーナメント1回戦を。
B組を1位で通過した東京ヴェルディとD組を2位で通過した大津高校の対戦だ。


ヴェルディは高木豊の息子二人がツートップ。

ともに攻め合い、シュートチャンスの多い試合になった。
31分、東京Vは八塚利朗のクロスを高木俊幸が合わせて先制。
直後、大津は澤田崇から松本大輝へつなぎ、松本のスルーパスで車屋紳太朗が抜け出してゴール、同点に追いつく。

後半に入っての44分に東京Vは高木善朗のミドルでリードするも、47分に波状攻撃から松本大輝がゴールし、またも同点に。
その後は攻める東京V、守ってカウンターを窺う大津、という展開になるが、71分に東京Vが大津の扉をこじ開けてリード。
ロスタイムには高木俊幸が抜け出してゴール。


東京Vが準決勝に進出、相手はU-17日本代表になった。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。