スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それはちょっと違うだろ!

五輪21歳以下強化へJ出場しない選手招集(日刊スポーツ)

 日本協会が、Jクラブと連動して12年ロンドン五輪世代を強化する「新プロジェクト」を推進することが25日、分かった。都内で技術委員会を開き、同五輪から年齢制限が21歳以下に引き下げられることを見据えた強化策を協議。今後、若年層の代表チームはJ公式戦で出場機会の少ない選手に限って招集、国際大会に派遣する方針を固めた。31日のJリーグ強化担当者会議でクラブ側に打診する。

 従来は基本的にベストメンバーを招集して、チームとして強化してきたが、今後は選手育成に主眼を置いてその世代全体を底上げするのが狙い。原博実強化担当技術委員長は「ナビスコ杯など(公式戦)でクラブが使いたい選手以外を、と考えています。J監督と話し合って考えたい」と、各クラブの戦力構想まで考慮する方針を明かした。

 国際規定で五輪の年齢制限が21歳以下に決まった場合、出場資格を得るのは今年で満18歳以下の選手。将来性を期待されつつも、実戦経験を積む場が少ない世代にとって、この新機軸が受け皿となる可能性がある。プロジェクト始動を前に、U-18日本代表は4月8日開幕の4カ国対抗戦(UAE)に参加予定。エジプト、UAE、ドイツとの総当たり戦でロンドンへの第1歩を踏み出す。



 いやあ、事実誤認も極まれり、ってやつですかね。

いや、わかるよ。やりたいことはよ~くわかるんだけど、この対象になるU-18日本代表っていうのは、一部の早生まれを除いてはこの4月に高校3年生になる世代。つまり、今年は普通にチームの主力となってるはずなので出場機会は目一杯あるんだよ。

 問題は来春に高校を卒業してからどうなるか、ってこと。
 もし、上記記事が来年のことを今から考えておこう、って話であればともかくねえ…。
 そもそも来春ストレートにJに入ってくるのがどのくらいいるのか(苦笑)。今やJのサテライトよりは大学のレギュラーってのも高校の指導者の間で正確に認識されているだろうし。

 だから、原(博実)さんはJの強化委に出向いて説明するよりも、吉見(章)さんや瀧井(敏郎)さん、須佐(徹太郎)さんと話をしておくべきだと思うんだ。数人いる早生まれのために、そしてこの後の展開のために。
 長期的に展望してモノを組み立てていく、というのは大学の得意技だしね。


 ちなみに言っておくと、今年のU-18日本代表は2011年に行われるU-20ワールドユースを目標としていて、そのワールドユースがオリンピックの予選になる、って言ってるのだが…。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。