スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AFCチャンピオンズリーグH組第2節 柏レイソル×全北現代モーターズ

 やってきました、日立柏サッカー場での国際試合

 というわけでいそいそとお出かけ。
 柏サッカー場はホーム・アウェイが今年から入れ替わり、ホーム側が北側に。うーん、正直なところホーム側全ての客をひとつのゲートで捌く、というのはどうなんだろうか・・・という気はするな。


 2012AFCチャンピオンズリーグ H組第2節 

柏レイソル
(日本)
 5-1 全北現代モータース
(韓国)
会場:日立柏サッカー場
天候:晴
試合開始:19時00分
試合形式:90分
主審:ピーター・グリーン(オーストラリア)
観衆:8,175人
<得点>
 柏 北
 1-0 36分  柏  那須大亮
 2-0 45+1分 柏  レアンドロ・ドミンゲス
 3-0 45+2分 柏  レアンドロ・ドミンゲス
 3-1 51分  全北 黄博文
 4-1 89分  柏  田中順也
 5-1 90+3分 柏  茨田陽生

<警告>
 45分 全北 陳経先
 54分 全北 鄭勲
 64分 全北 朴源載
 86分 全北 崔淳
<退場>
 なし
全北現代モータース
柏レイソル
GK41李摸守
DF25崔淳
   4金相植
   6陳経先
MF 2田廣煥
  (→46分20李東國)
  18黄博文
  (→79分19ウーゴ・ドロゲド)
  13鄭勲
  33朴源載
FW 8エニーニョ
  14金正友
  (→57分15金東燦)
  11李昇
GK21菅野孝憲
DF 4酒井宏樹
   5増嶋竜也
   6那須大亮
  22橋本和
MF10レアンドロ・ドミンゲス
  28栗澤僚一
   7大谷秀和
  15ジョルジ・ワグネル
FW25リカルド・ロボ
  (→84分20茨田陽生)
  18田中順也


システム:3-4-3システム:4-4-2
監督代行:李興實監督:ネルシーニョ
 全北現代は昨年のAFCチャンピオンズリーグ準優勝にしてKリーグチャンピオン。しかし今年はKリーグでは3試合を消化して2勝1分けと好スタートを切ったものの、ACLでは広州恒大に1-5と惨敗を喫している。
 ちなみに監督は崔康熙だが、崔がW杯最終予選終了までの期間限定で韓国代表に就任。そのため李興實が監督代行を務めている。


 3分の柏。右サイドからレアンドロ・ドミンゲスがドリブルを仕掛け、そのままシュート。ゴールを横切ってゴールの外。

 15分の柏。右サイドをあがった酒井宏樹がクロスを入れる。ファーで田中順也が落としてリカルド・ロボがシュートを撃つも、これもゴールを横切る。

 26分の柏。増嶋竜也がロングスローを入れる。中央でレアンドロ・ドミンゲスが受けてシュート、GKの正面。

 27分の全北。エニーニョのFKに李昇が頭で合わせるも、ゴールの上。しかし、ひえ~ってくらいマークを外されてしまった・・・。

 36分の柏。左サイドで得たFKをジョルジ・ワグネルが入れる。那須大亮がど真ん中から頭で合わせてゴール、柏が先制。

 42分の柏。レアンドロ・ドミンゲスのスルーパスを受けた酒井宏樹がシュート、GKが弾いてこぼれ球に詰めるもクリアされる。

 45分の柏。リカルド・ロボのシュートを陳経先が手で止めて柏にPK。このPKをレアンドロ・ドミンゲスが確実に沈めて2点目をあげる。

 47分の柏。橋本和のロングボールにリカルド・ロボがDFに競り勝って後方に流す。レアンドロ・ドミンゲスがフォローしてダイレクトでループシュート。鮮やかにGKの上を抜いて3点目をあげる。

 前半は柏が3点を上げて折り返し。終了間際に得点はしたものの、そこまではなかなか苦労したな・・・。


 後半、全北はベンチに温存していた李東國を投入。4-2-3-1にして改めて勝負をかける。
 51分、李昇のクロスを前線で李東國が落とし、後方に流れたところを黄博文が強烈なミドルを放ち、1点を返す。

 56分、柏のFK。ジョルジ・ワグネルが入れると今度は増嶋竜也が頭で合わせる。GKがこぼして詰めるも、クリアされて追加点はならず。

 61分の柏。右から展開して左サイドのジョルジ・ワグネルへ。ジョルジからのクロスに合わせたのは酒井宏樹!思わず「何でそこにおるねん!」と声をあげずにはいられなかった。まあ、ヘディングに入る態勢で相手選手を押さえたのがファウルになってはいたのだが。

 68分の柏。レアンドロ・ドミンゲスとジョルジ・ワグネルのパス交換からレアンドロ・ドミンゲスがシュート。GKの正面。

 76分の柏。クリアを拾った橋本和がドリブルでペナルティエリア深くに入る。相手に寄せられて倒され、本日2度目のPK。
 レアンドロ・ドミンゲスがハットトリックを狙ってPKを蹴ったが、GKに弾かれ、リカルド・ロボが詰めるが場外ホームラン・・・。

 89分の柏。右サイドからレアンドロ・ドミンゲスが抜け出してクロスを入れる。田中順也が右足で蹴りこんで4点目をあげる。
 そういえば、大学時代の順也って、左足一辺倒ではなかったような気がするのだが…それ以前に点が取れなかった、というのもあるかもしれないが。

 93分の柏。田中順也が右サイドを抜け出してクロスを入れる。茨田陽生が頭で合わせて5点目。もうこの時点で全北は完全に集中が切れていたが。


 これで試合終了。柏がACL初勝利を挙げた。しかし、全北は戦略を誤った感が・・・このあたりが臨時監督のつらいところ?
関連記事

テーマ : アジアチャンピオンズリーグ
ジャンル : スポーツ

tag : AFCチャンピオンズリーグ 柏レイソル 全北現代モータース

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。