スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公津の杜で『おでかけプロレス』

この日は成田市の公津商店街が主催する『ひかり輝け! 公津の杜フェスタ』というのが行われていた。公津の杜駅のバスロータリーを使ってパフォーマンスイベントを行い、その周りに屋台を出して、という感じで結構な客。
 その中のイベントの一つにアイスリボンのプロレス(場内の案内ではパフォーマンスと言われていたが)が行われていたこともあり、ちょっと見物がてらで…アイスリボンの草創期を知らない私としてはマットでの試合を見てみたかったのもある。


 この日は30分間で2試合。最初に子供を対象に簡単なプロレスのルールを説明。アイストレインもやってもらうが、最初は志田の上で前転させるが、さくらの「めんどくさいから踏んじゃえ、レスラーは鍛えてるから大丈夫!」の一言で踏みつけに代わる、というのもあって。

 第一試合が成宮真希と志田光のシングル。ともに力技を売り物にしてる二人。成宮が場外でアルゼンチンバックブリーカーをしたり、志田がカナディアンバックブリーカーからの荒鷲ドライバーをしたり・・・
一番危なっかしかったのが、志田が荒鷲ドライバーに行こうとしたところで助走を取るために後方に下がったら、コーナーにしてる椅子に引っかかって成宮を落としてしまい、成宮とともにもちが大ダメージを負ってたとことか(苦笑)。
 志田が荒鷲ドライバーをやり直してピンフォール勝ち。


 第二試合がくるみ&藤本つかさ&つくし と さくらえみ&宮城もち&内藤メアリの六人タッグ。
 藤本組がおでかけプロレスでの恒例行事である子供参加のアイストレインを仕掛けたら、何人かの子供が押さえちゃって詰まったってのが・・・
 あとはコーナーがないから『さくらえみ70㎏』がただのボディアタックになってたり(笑)。
 最後はつくしがもちをタイガースープレックスホールドで投げ切ってピンフォール勝ち。


 まあ面白くて楽しい空間でしたよ。特に普段の道場の試合ではほとんど見かけない子供たちが楽しそうだったし。試合が終わってからアイスのパンフを熟読してる子供を複数見た、というのがその証左かと。
関連記事

テーマ : アイスリボン
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。