スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンスリーグ関東一部第1節 FC東京×前橋育英

 日曜は江東区は住吉にある東京ガスのグラウンドへ。ここでプリンスリーグの開幕戦が行なわれる。


 JFAプリンスリーグU-18関東2009一部 第1節

FC東京U-18 2-1 
会場:東京ガス深川グラウンド
天候:曇
試合開始:11時00分
観衆:人
<得点>
 東 前
 0-1 21分 前橋育英 柏川正樹
 1-1 54分 FC東京 佐々木陽次
 2-1 61分 FC東京 山崎直之

<警告>
 04分 前橋育英 三浦雄介
 78分 FC東京 星暢哉
 82分 前橋育英 細萱翔太
<退場>
 なし
FC東京U-18
GK 1崔創喜
DF13武藤嘉紀
   6平出涼
  26松藤正伸
   4廣木雄磨
MF15佐々木陽次
   8年森勝哉
  14三田尚央
  (→77分11梅内和磨)
  18山崎直之
   7星暢哉
FW 9山口潤


GK12志村智久
DF 6木村高彰
   4代田敦資
  22細萱翔太
   3田中雄一
  (→82分17竹石翔)
MF23木下翔太
  (→56分15小牟田洋佑)
   8三浦雄介
  (→68分19北爪健吾)
  14小島秀仁
   9上星脩大
FW10皆川佑介
  11粕川正樹
システム:4-2-3-1システム:4-4-2
監督:倉又寿雄監督:山田耕介
 FC東京はDF阿部巧がU-18代表の遠征で、FW重松健太郎が負傷で不在。前橋育英はMF中美慶哉が負傷、FW西澤厚志が日本高校選抜の遠征で不在。4人が4人ある意味核なだけに、代わりに入った選手がどれだけできるのか、というところか。


 FC東京はスペース、前橋育英はターゲット、と狙いは少々違うがどちらも縦に早く蹴っていく形になる。

 その中でチャンスを作っていったのは前橋育英。21分、皆川佑太のパスを粕川正樹が流し込んで先制した。

 その後もどちらにもチャンスがあったが、さらなるゴールは生まれず、前橋育英が1点リードで折り返した。


 後半になっても一進一退の展開は続く。
 54分、東京のロングボールに前橋育英GK志村智久がペナルティエリアぎりぎりで抑えるも、ボールをこぼしてしまう。ボール処理にもたついているうちに星暢哉が拾い、外にいた佐々木陽次ががら空きのゴールに蹴りこみ、同点に追いつく。

 61分、東京は山崎直之が左サイドを一気にドリブルで持ちこみ、ゴール、逆転する。
 その後は前橋育英がパワープレーを仕掛けてくるも、東京DFがきっちりと対処。
 そのまま逃げ切り、東京が初戦を快勝した。


 前橋育英はポジションを消しあったり、一つのボールに二人で行ったり…まだまだこれから感が強い。当然、東京もまだまだ感はあるのだが、ある程度まとまっているようには見えるからより一層…。もちろん、これらはこれからの試合と練習で解消していくものであることはいうまでもないが。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。