スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都サッカー選手権決勝 FC町田ゼルビア×専修大

 9月から始まる天皇杯全日本選手権の各都道府県代表は今週末に全て決まる。ほとんどの道府県では日曜日に開催されるが、東京都は例年通り土曜日の開催だった。

 5時まで築地でフットサルイベントを見てから西が丘へ移動したらぎりぎりの到着に。毎度のごとくメインスタンドは開放していなかったのだが、いつにない集まり方。この形にした成果がようやく実った、というか・・・(苦笑)。


 FC町田ゼルビア(4-2-3-1)
  GK 1修行智仁
  DF 3藤田泰成
     5田代真一
     6太田康介
     2津田和樹
  MF15柳崎翔兵
     8小川巧
    17鈴木崇文
    (→77分11酒井良)
    19北井佑季
    (→102分28星大輔)
    18尹誠悦
    (→65分10ドラガン・ディミッチ)
  FW 7勝又慶典
  監督  ランコ・ポポヴィッチ

 専修大学(4-4-2)
  GK 1朴泰希
  DF23北爪健吾
    15栗山直樹
     3鈴木雄也
     2松本陽介
  MF 7長澤和輝
     6庄司悦大
    16星野有亮
    (→46分4本名正太朗)
     8下田北斗
    (→59分10仲川輝人)
  FW 9稲葉圭吾
    14町田也真人
  監督  源平貴久


 4分の専修。庄司悦大が右に叩く。北爪健吾が受けてすぐにゴール前に通す。稲葉圭悟がシュートを撃つがGKの正面。

 10分の町田。中央で勝又慶典がキープしてパスを出す。鈴木崇文がシュートを撃つが、栗山直樹がブロックした。

 16分の町田。右サイドに流れた勝又慶典がクロスを上げる。鈴木崇文が中央に走りこんで頭で合わせるがGKが押さえる。

 20分の専修。縦に入ったボールを町田也真人が受けて右に流す。長澤和輝はすぐにゴール前に入れる。稲葉圭悟の後ろから下田北斗が飛び込んで合わせたが、シュートはゴールの上にあげる。

 24分の専修。庄司悦大が中央をドリブル、スルーパスを通す。町田也真人が抜けだしてゴールを挙げ、専修が先制。

 27分の町田。北井佑季がドリブルでペナルティエリアに進入。鈴木雄也が対応するが、北井を倒してしまい町田のPKとなる。
 このPKを勝又慶典が決めて町田が同点に追いつく。

 29分の専修、稲葉圭吾がドリブルでDF、さらにはGKもかわすものの、戻ってきたDFに阻まれる。

 前半は1-1で折り返し。ともに攻めあう熱い戦いである。
 熱いといえばスタンドも。こんなにくっきりと二分された西が丘を見たのは何年振りか・・・。

 試合は後半へ。
 47分の専修。下田北斗と稲葉圭吾のパス交換から稲葉がシュート、修行智仁が弾き出してCKになる。

 58分の専修。真ん中から町田也真人がシュート、修行智仁が弾く。長澤和輝が拾ってクロスを入れるが、DFがクリアする。

 75分の専修。右サイドの長澤和輝が中へ入れる。町田也真人が落として庄司悦大がシュート。GKが弾いてCKになる。
 CKには栗山直樹が合わせたがゴールの上。

 86分、専修陣内で町田のFK。ディミッチは壁を避けて横に流す。藤田泰成がロングシュートを狙っていったが、期待もへったくれもないあさっての方向へ。

 前後半が終わって1-1の同点。10分ハーフ、20分の延長戦に突入。

 延長も後半に入っての106分、右からのクロスを受けて栗山直樹がスライディングでシュート。修行智仁がブロックしたが、シュートとともに栗山の膝が修行の顔面に直撃、ノックダウンする。
 5分の時間をかけてようやく立ち上がったが…。

 結局そのまま終了、PK戦に入る。修行は守備時以外はスタッフに付き添われる格好でピッチ外へ。
 一人目。専修の町田也真人は右下に蹴ったが止められた。町田の勝又慶典は左下に蹴って成功。
 二人目。長澤和輝、星大輔、ともに成功。
 三人目。稲葉圭吾、藤田泰成、ともに成功。
 四人目。仲川輝人、柳崎翔兵、ともに成功。
 五人目。庄司悦大は成功。ディミッチも決めて決着。
 PK戦を制した町田が初の東京都代表として天皇杯本戦に進出。

 
第16回東京都サッカートーナメント決勝
会場:国立スポーツ科学センター西が丘サッカー場
天候:晴
試合開始:18時00分
試合形式:90分+延長20分+PK戦
主審:森川浩次
観衆:1,426人
FC町田ゼルビア
1 0
1
延長0 PK5
得点:勝又(28分=PK)
警告:鈴木崇(66分)
退場:なし
専修大学
1 0
1
延長0 PK4
得点:町田(24分)
警告:下田(16分)、松本(25分)、鈴木(27分)、栗山(45+1分)
退場:なし

 試合終了後に救急車と消防車がそろって到着。救急車で運ばれた修行は頬骨と顎骨の骨折で全治4ヶ月とか。ふむむ・・・。
関連記事

テーマ : 天皇杯全日本選手権
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。