スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンスリーグ関東一部第1節 三菱養和×矢板中央

 深川グラウンドの第2試合は昨年8位の三菱養和と二部から昇格してきた矢板中央の試合。
 ふと隣のグラウンドを見ると、FC東京と前橋育英のB戦をやっていた(笑)。


 JFAプリンスリーグU-18関東2009一部 第1節

三菱養和SCユース 0-0 矢板中央高校
会場:東京ガス深川グラウンド
天候:晴
試合開始:13時30分
観衆:150人
<得点>
 養 矢
 なし

<警告>
 04分 矢板中央 益子直樹
 60分 矢板中央 柴田弘規
<退場>
 なし
三菱養和SCユース
板中央
GK 1原田祐輔
DF 5大野瑞樹
   3中村侑人
   4内堀超
   2早川直登
MF 6中垣内優太
  15近藤貴司
  (→66分24田鍋陵太)
  19佐藤聖
  10玉城峻吾
   8田中豪紀
FW 9木村陽一郎
  (→73分11前田大夢)

GK 1三浦拓
DF 5益子義崇
  14柴田弘規
   2須藤貴郁
   8阿部潤
MF16渡辺光
  (→57分20高田裕弥)
  19島野一也
   6渡辺裕紀
   9益子直樹
FW11中田充樹
  (→89分24石井涼斗)
  10堀越龍也
  (→73分25菊地夏輝)
システム:4-1-4-1システム:4-4-2
監督:斉藤和夫監督:高橋健二

三菱養和×矢板中央 001.jpg 三菱養和×矢板中央 004.jpg
 前半は三菱養和がほぼ一方的に攻め、矢板中央はほとんど攻めることすらできず。しかし矢板中央のGK三浦拓が的確に守備陣を統率し、決定的チャンスを作らせず。
 この三浦拓はかなり良質のGKだとは思うが、指示や小さなポジション取りに優れているので、よさがわかりづらい可能性も…まあ、プロなら気づいてくれているとは思うがね。


 後半は三菱養和の運動量が落ちたこともあって、矢板中央も攻撃ができるようになった。しかしこちらも「それを外すか!」と言いたくなるような大決定機を外し、ノーゴール。
 結局、スコアレスドローで終了。勝点1を分け合ったが、それがどう出るのかは…7月にわかる。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。